バルミューダ The Brew レビュー!価格も味も並じゃないコーヒーメーカー。4つの特徴をご紹介します。

こんにちは。てつみー (@te23_photohibi) です。

およそ6万円という高価格で世のオシャレ家電ファンを仰天させたBALMUDA(以下、バルミューダ)のコーヒーメーカー、その名も The Brewブリュー

バルミューダが大好きで、今回も発売日にGETしました。

てつみー

てつみー

値段の高さもあり、散々迷った挙句に購入したのですが、出来上がるコーヒーが抜群に美味しくて、家に届いてからは毎日欠かさず飲むようになりました

特にアイスコーヒーが美味しい

価格も味も普通じゃないバルミューダ The Brew。実際に使ってみた感想を踏まえながら詳しくレビューしたいと思います。

plywood キッチン・インテリア雑貨
¥59,400 (2021/10/19 01:53時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す
この記事で分かること

・The Brewはどんなコーヒーメーカー?4つの特徴を解説
・めちゃくちゃ高いけど、購入する価値はある?
・味は美味しいのか?
・The Brewの良い点、悪い点
・The Brewはこんな人におすすめ

バルミューダ The Brewについて

デザイン性が高く、一癖も二癖もある家電を数多く生み出してきたバルミューダ。
代表的なものだと、The Fan(扇風機)やThe Range(電子レンジ)などが人気を博しています。

熱狂的なファンが多く、僕も大好きなブランドです。

てつみー

てつみー

そのバルミューダが2021年に発売したのがコーヒーメーカーThe Brew(ザ・ブリュー)です。

公式Youtubeより引用
The Brew 本体

商品の詳細スペックは以下のようになっています。

本体寸法幅 140mm
奥行 297mm
高さ 379mm
(取っ手含む)
本体重量約3.4kg
電源コード
長さ
1m
最大容量サーバー…約500㎖
水タンク…約490㎖
抽出時間約4〜7分
※モードや気温によって異なります
カラー
カラーブラックのみ(※2021年10月現在)
価格59,400円(税込)

サイズや重量はさておき、特筆すべきはその価格。なんと59,400円です
機能的には、コーヒー豆の充填やミルが付いているわけでもない、ただのドリップ式コーヒーメーカーがですよ…?

その割には恐ろしく高い価格設定です…。

てつみー

てつみー

価格設定についてはTwitterなどでも物議を醸していましたが、さてはて…いったいどれくらい売れるのでしょうか(笑)

購入までのストーリー

このパートは長いので、すぐにレビューを読みたい方はこちらから読み飛ばしてください。

僕がThe Brewを購入するまでに考えたこと、そして、なぜ購入に踏み切ったのかを順を追ってお話ししていきます。

高すぎ!買わないという選択肢も。

2021年9月8日に公式発表されたThe Brew。その価格を見て、目ん玉が飛び出ました。

ご…59,400円?!!!!

てつみー

てつみー

発表前に僕が予想したのはこうでした。

①バルミューダのことなので、多機能なものは出してこないはず
②とはいえ、クセのあるこだわりポイントは絶対入れてくる
③シンプルなコーヒーメーカーであれば、バルミューダとはいえ価格は3万円台後半くらいに落ち着くのではないか

ちょうどコーヒーメーカーを買い替えたいと思っていたこともあり、予測の範囲内であれば、発表後すぐにポチろうと決めていました。

…が、ものの見事に外れます。

てつみー

てつみー

豆を保存しておける機構もなければ、当然ミルもない、ただドリップするだけのコーヒーメーカーで6万円は高すぎます。正直、こんなもん誰が買うねん、と思いました(笑)

ちなみに、同等レベルの機能を持ったコーヒーメーカーの価格を調べてみたところ、概ね1万円〜2万円程度というのが相場でした。

バルミューダが大好きな僕ですが、さすがにこれは諦めかけました。

てつみー

てつみー

悩み続ける日々

欲しいけど、いくらなんでも高すぎる。こんなもの買ったら、友達からバカにされて陰口叩かれるかもしれないし、親からも「無駄金ばかり使いやがって、このバカ息子が!」と縁を切られるかもしれません。

もうね、本当にめちゃくちゃ悩みました(笑)

てつみー

てつみー

欲しいという気持ちと、高い商品を「掴まされた」感に苛まれるのではないかという不安の間で、僕の決心はグラングランに揺れていました。

掃除機で失敗した過去

いくらなんでも怯えすぎじゃないか、と思ったあなたに聞いて欲しいのです。

何を隠そうわたくし、バルミューダの掃除機(The Cleaner)にデザインがカッコいいというだけで飛びついて大失敗した経験がありまして。

もちろん、デザインは良いのですが本体が異常に重いわ、ヘッドがデカすぎて使いづらいわで、ただのインテリア化してしまいました。(ほとんど使っていません)

ほぼインテリアと化したThe Cleaner

そんな経緯もあり、若干のBALMUDA恐怖症に陥っていたワケです。

てつみー

てつみー

じゃあ買わなきゃいいじゃねぇかと思われるかもしれませんが、それでも欲しくなってしまうのがバルミューダ製品の魅力(もはや魔力)なんです。

二度と失敗してなるものかと、The Brewに関するネットの記事を読み漁り、BALMUDA 阪急うめだ本店に足を運んで実機を確認し、それでも最後の一歩がどうしても踏み出せない日々を送りました。

最後は寺尾社長の一言で根負け

そんな僕の背中を後押ししたのが、BALMUDA代表である寺尾社長の(ネット記事の)言葉でした。

社長自身は「激高(げきたか)ですよね、コーヒーメーカーとしては」と認めた上、「デザインの価値と味わいを両立させて一番コンパクトにしたのがこの価格。これ以上は1円も下げられなかった」とも語りました。

家電ASCIIのインタビュー記事より引用

さらに

現場から上がってきた「ステンレスのパーツをやめていいか」「メッキをやめてもいいか」などの提案はすべて却下。胸の中では、原案をめざすという方針を貫けるならむしろ10万円になっても作ってやるというくらいの気持ちでいたといいます。

家電ASCIIのインタビュー記事より引用

これを読んだ時に、不覚にもこう思いました。

カ・・・カッコ良すぎる!

てつみー

てつみー

そうでした、思い出しました。この「普通じゃいられない精神」こそがBALMUDAを買う理由なのです。
価格が高くなることを承知の上で、デザインにも味にも一切妥協しなかったからこそ、ワクワクするプロダクトが誕生したのです。
クリエイティブとはそうあるべき、というマインドを叩きつけられた気がしました。

そして、満を辞してポチりました(笑)

てつみー

てつみー

The Brew をレビュー

ここからは、実際に使ってみた感想を踏まえてThe Brewをレビューしていきます。

まずは開封

外箱がなかなか大きいのですが、取り出す際は横にしてからになりますので要注意です。

外箱はかなりデカい
横に倒してから取り出すようにとのこと

同梱物一覧

無事に箱から取り出し、同梱されているものを並べてみました。

同梱物一覧

同梱されているもの
・本体(+ウォーターサーバー)
・コーヒーサーバー
・説明書
・計量スプーン
・ドリッパー置き台
・お試し用ペーパーフィルター

付属品:計量スプーンとドリッパー置き台

専用の計量スプーンも本体と同じ質感でカッコいいです。

本体と同じマットブラック
バルミューダ完全オリジナル

とここで、気になる物体が。

円柱型にくぼみがついた謎の物体

説明書を読んでみると、コーヒーを入れた後にドリッパーを置いておくための台とのことでした。

こうやって使います

付属品も、いちいちカッコいい!バルミューダのこだわりを感じます。

てつみー

てつみー

The Brew 4つの特徴

待ちに待ったバルミューダ!開封当日、夜中だというのに冷めやらぬテンションに身を委ねてコーヒーを作ってしまいました。

実際に使ってみて感じた、The Brewの4つの特徴をご紹介します。

味についてはこの次のパート(気になる味について)でレビューしています。

特徴1. デザインが抜群に良い

これ本当にコーヒーメーカーなの?!と言いたくなるほど、デザインがカッコいいです。

さすがはおしゃれ家電メーカー!

てつみー

てつみー

置くだけで、家がたちまちオシャレ空間へとグレードアップします。

機械っぽさがカッコいい

ビルドクオリティも値段相応で、高級感のある仕上がりになっています。
本体の大部分を占める黒いパーツはプラスチック製のようですが、表面はザラッとしたマットブラック。

上質なマットブラック仕上げ

汚れなんかも簡単に取れる素材です。

てつみー

てつみー

一方で、金属部分はツルツルとしており、グロス感のあるメタリック調。

金属パーツはギラっとした艶がある
バルミューダのロゴ

マットブラックの筐体に硬質なシルバーのパーツ。このコントラストがめちゃくちゃ渋く、男心をくすぐりますよね〜。

The Brewは今のところブラックのみの展開ですが、バルミューダの家電シリーズにはホワイトもありますので、今後カラバリが発売される可能性にも期待できます。

光とサウンドの演出もGood

個人的な意見ですが、バルミューダ製品って光の使い方が抜群に上手いと思うんです。

The Rangeの取手部分に仕込まれたライトや、音楽ステージの光をコンセプトにしたThe Speaker。その光が映し出すシルエットがいちいちカッコよくて惚れ惚れしちゃいます。

光の演出が美しいThe Speaker

The Brewの光は本体上部、コンパネの左の方に付いていて、エジソン球みたいな濃いオレンジ色の光がやさしくホワッと光ります

コンパネの左の方に付いているランプ
本体スイッチをONで光る

この光と、ドリップ中に奏でられる時計のような「カチ、カチ…」というサウンドが懐かしい感じでぬくもりを感じさせます。

コーヒーの香りと相まって、リラックス効果抜群です。

てつみー

てつみー

特徴2. スマートでコンパクト

スペックを見ると、本体サイズの幅が140mmとなっていることが分かります。
背丈はそれなりに高いのですが、コーヒーメーカーとしてはかなりスリムだと思いました。

参考までに、僕が以前使っていたsirocaのものと並べてみました。

・siroca…幅17cm
・The Brew… 幅14cm

数値上はたったの3cmですが、実際に並べてみるとかなりスリムに感じますよね。

また、350ml缶(幅6.6cm X 高さ12.2cm)も置いてみたのですが、幅は缶2本分、高さは缶3本分くらいのサイズ感です。

設置場所が省スペースで済むという点では、かなりポイントの高い特徴です。

てつみー

てつみー

特徴3. 操作が簡単で分かりやすい

操作パネルは上部にまとめられており、メニューもシンプルでわかりやすいです。

シンプルな操作パネル

用意されているメニューは次の通り。

・ICED…スッキリとしたアイスコーヒー用
・STRONG…濃く強いコーヒー用
・REGULAR…クリアなレギュラーコーヒー用

コーヒー豆と水をセットしたら、MODEボタンでコースを選ぶ→CUPSボタンで杯数を選ぶ→STARTを押す
たったこれだけ!

操作に関しては、説明書を見なくても分かるくらいシンプルです。

てつみー

てつみー

特徴4. お手入れが楽

本体背面のウォーターサーバーは取り外すことができますので、セッティングも掃除もしやすくなっています。
コーヒーメーカーのパーツとしては汚れやすい部分ですので、マルっと洗えるのは助かります。

ウォーターサーバーは取り外して丸洗い可能

内部清掃も簡単!

操作パネルに「Cleaning」というメニューがありますので、本体内部の清掃も機械任せでOK!
細かな操作方法は割愛しますが、1ヶ月に1回程度の簡単な作業で内部を綺麗に保てるというのは、とてもありがたいですよね。

気になる味について

ここからは、肝心の「味」についてお伝えしていきます。

強くてクリアな味わい

個人的な感想から言うと、めちゃくちゃ濃いコーヒーが出てくるという印象でした。と言っても、苦いとか渋いということではなく、後味スッキリでゴクゴク飲めちゃう感じです。

念のため、sirocaのコーヒーメーカーやハンドドリップでも淹れて飲み比べてみたのですが、味の深さとクリアさは圧倒的にThe Brewが上回っています。

これを美味しいと表現すべきかどうかは個人差があると思いますが、味の違いは明確に出ていると思います。

しっかりとコーヒーの味を楽しめている感じがして、個人的にはとても美味しいと感じました。

てつみー

てつみー

特におすすめなのはアイスコーヒー

The Brewを手に入れたら是非試して欲しいのがアイスコーヒー
あらかじめコーヒーサーバーに氷を入れ、メニューの中にある「ICE」で作ることができるのですが、これが特段よく出来上がります。

スッキリとしたアイスコーヒーができる

この商品の得意技であるスッキリ・キレ・クリアという点が引き立っていて、めちゃくちゃ飲みやすい!!

まるで水出しコーヒーのようなスッキリとした味です。

てつみー

てつみー

味づくりの秘密

この味をブレなく出すのに相当長い年月を費やしたそうですが、どうやら抽出方法に秘密があるようです。

この製品の味の要ともいえる「クリア ブリューイング メソッド」「バイパス方式」について詳しく調べてみました。

クリア ブリューイング メソッド

The Brewのドリップ時に、裏でいい仕事をしてくれているのが「クリア ブリューイング メソッド」
小難しい横文字でよく分からないと思うのですが、言い換えると「めっちゃ緻密な温度管理」という感じです。

コーヒーマニアのバルミューダ社員さんの研究を元に、抽出や蒸らしに最適な温度のお湯を瞬時に沸かして注ぐという方法を編み出したのだとか。

たしかに、ドリップの様子を見ていると、注ぐお湯の量や温度、タイミングが緻密に計算されている感じがします。

てつみー

てつみー

タイミングに応じて適温・適量のお湯を沸かす

この緻密な作業を、いかなる状況でも再現してくれる賢いコンピューターが内蔵されているそうで、安定して同じ味を作り上げられるようになっています。(この高価格設定はコイツのせいだと思われますw)

バイパス方式でコーヒーをお湯割りに

もう一つの特徴がバイパス方式という仕上げ方法。
The Brewには、給水タンクからコーヒーサーバーへダイレクトにお湯を注ぐためのバイパスが付けられています。

お湯割りするためのバイパス

粉から濃いめの原液を抽出し、お湯で割ることで最適な濃度に仕上げるという少し変わった方式を採用しています。コーヒーから雑味が出てしまう直前でドリップをやめ、お湯で割ることでスッキリとした飲み口に仕上げているのですね。

抽出が終わったら、サーバーを軽く揺すって混ぜると味が安定します。

てつみー

てつみー

The Brewの良い点・悪い点

The Brewの良い点と悪い点を一覧にまとめました。

メリット
  • デザインが抜群にカッコよく、置くだけで様になる。
  • 自宅でハイクオリティなコーヒーを楽しめる。
  • スリムなので、狭い場所にも置きやすい。
  • 簡単な操作でコーヒーが作れるので、毎日でも続けやすい。
  • お手入れが楽なので、衛生的。本体を清潔に保てる。

デメリット
  • 本体価格が高すぎるので、コスパ面では負担が大きい。
  • コーヒー豆を充填したり、電動ミルのような便利機能はついていない(フルオートのものが欲しい人には向かない)。
  • 背丈が高い上に操作パネルが上部に付いているので、低い棚には設置できない。
  • カラバリが黒しかない(2021年10月現在)ので、白色の家電が好きな人は導入しづらい。

以上も踏まえて、以下のような方にはThe Brewをおすすめしたいと思います。

・コーヒーメーカーのデザインにこだわりたい
・運用が楽なコーヒーメーカーが欲しい
・毎朝コーヒーを飲みたい
・ハンドドリップは面倒くさいけど、美味しいコーヒーを飲みたい
・水出しコーヒーみたいなスッキリしたアイスコーヒーが好き

まとめ

バルミューダ The Brewを実際に使ってみた感想を踏まえてレビューしました。
デザインはもちろんですが、味の方も非常にハイクオリティなコーヒーメーカーです。

個人的には、めちゃくちゃ満足しています!

てつみー

てつみー

ネックは値段の高さですが、それに見合った価値を提供してくれる製品です。
値段で迷っているなら、思い切って飛び込んでみても後悔はないと思いますよ〜!

毎朝のコーヒータイムをアップグレードしてくれること請け合いです。

てつみー

てつみー

plywood キッチン・インテリア雑貨
¥59,400 (2021/10/19 01:53時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

それでは、また。

こちらの記事もどうぞ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA