photohibi

カメラと写真と日々のブログ。

Photo & Camera
Travel & Food
Lifestyle & Culture
Other

【実写サンプルあり】大人気のミラーレス機Canon EOS R6をレビュー!写真のクオリティをグッと引き上げてくれるカメラ。

こんにちは。てつみー (@te23_photohibi) です。

CanonのEOS R6を使い始めて2ヶ月ほど経過しました。

ほぼ毎日のようにいじり倒しているのですが、これは本当に…とんでもなく良いカメラですね。使うだけで写真のクオリティをグッと引き上げてくれるので、撮影するのがめちゃくちゃ楽しい!

f:id:teppex0412:20201018153240j:plain

EOS R6 ボディ


写真を撮るための機材って、やれカメラ本体(ボディ)だの、レンズだの、ストロボだの、フィルターだの…気が遠くなるほど無数の掛け合わせがあります。
そんな中で「ボディによってここまで写真に影響が出るものなのか」と痛感させてくれたのがEOS R6でした。

R6に買い換えてから「良い写真が撮れた」と感じることが増えたんです。

この記事の概要EOS R6を2か月間使ってみた感想、実写サンプル、良いと思う点・イマイチと思った点などを踏まえながらレビューしていきます。

 

 

 

 

 

EOS R6について

2020年8月末にCanonから発売されたフルサイズミラーレス機で、Canon RFマウントを搭載したシリーズの「NEW STANDARD」と位置づけられたのがR6です。

f:id:teppex0412:20201018115627j:plain

7月にオンラインイベントで発表されたEOS R6

スペック表

スペックは次のようになっています。(比較のためにR5のスペックも記載)

  EOS R5 EOS R6
画像

価格(※メーカー公式) 506,000円(税込) 335,500円(税込)
発売日 2020年7月30日 2020年8月27日
有効画素数 4,500万 2,010万
映像エンジン DIGIC X DIGIC X
常用ISO 100〜51,200 100〜10,2400
HDR PQ
連写 12コマ/秒(メカシャッター)
20コマ/秒(電子シャッター)
12コマ/秒(メカシャッター)
20コマ/秒(電子シャッター)
AF Dual Pixel CMOS AFII Dual Pixel CMOS AFII
人物AF検出 瞳、顔、頭部 瞳、顔、頭部
動物AF検出 瞳、顔、全身 瞳、顔、全身
AFスピード 0.05秒 0.05秒
ボディ内手ぶれ補正
EVF 0.5型(576万ドット) 0.5型(369万ドット)
測距輝度範囲 EV -6.0~20 EV -6.5~20
撮影可能枚数(最大) 490枚 510 枚
液晶モニター
(バリアングル)
3.2 型(約210万ドット) 3.0 型(約162万ドット)
動画撮影 8K(30P) 4K(60P)
カードスロット 2つ(CFexpress + SD[UHS-II]) 2つ(SD[UHS-II]X2)
重量
(バッテリー・カード含む)
約738g 約680g
サイズ W 138.5 X H 97.5 X D88mm W 138.4 X H 97.5 X D88.4mm
商品ページ

Amazonで見る

Amazonで見る

 

 

 

 

早速開封してみる

EOS R6はボディ単品以外に、RF24-105mm IS STMとのレンズキットでも販売されています。ちなみに僕はボディのみを購入しました。

f:id:teppex0412:20201115164736j:plain

EOS R6 パッケージ

毎回この瞬間はとてもワクワクします。
箱を開けるとボディ本体、専用バッテリー X 1、バッテリーチャージャー X 1、専用ストラップ、取扱説明書が同梱されています。

f:id:teppex0412:20201115164813j:plain

バッテリーはR5/R6用に新たに登場した「LP-E6NH」という型のもの。

f:id:teppex0412:20201115165822j:plain

LP-E6NH

写真であれば、フル充電で約510枚撮影が可能ですが、丸1日 撮影する場合は予備を1本持っておいた方が安心です。

僕はお散歩スナップが多いのですが、だいたい半日で1/3くらいまで減っていることが多いです。

外観とボタン

R6の外観を正面・背面・側面で見るとこのような感じ。

f:id:teppex0412:20201115164742j:plain

f:id:teppex0412:20201115164750j:plain

f:id:teppex0412:20201115171539j:plain

f:id:teppex0412:20201115164754j:plain

見た目に分かりやすい部分でいうと、操作部のボタン類がめちゃくちゃ充実しています。ファインダーを覗きながら色々と設定をいじれるので、これはありがたいです。

f:id:teppex0412:20201115164822j:plain

背面にも操作ボタンがたくさん

液晶モニターはタッチパネル対応3.0型で約162万ドットというスペック。
撮影した写真を綺麗にプレビューしてくれるので、撮影中もテンション上がります(笑)そして、もちろんバリアングル対応。

f:id:teppex0412:20201115164818j:plain

サイズと重さ

R6の重量は約680g。500mlペットボトルよりも少し重たいくらいですが、ここにレンズがつくと結構ずっしりとして重量感があります。

首から下げて1日持ち歩くと結構な重労働になっちゃいます・・・(苦笑)

サイズは以下の画像にまとめました。

f:id:teppex0412:20201115184248j:plain

メディアはUHS-IIのSDカード

EOS R6はUHS-IIのSDカードに対応しています。しかもスロットが2つありますので写真と動画で使い分けたり、バックアップ用に同時記録をとったりすることができます。

f:id:teppex0412:20201115164804j:plain

デュアルスロットなので2枚のカードを使い分けることが可能

売れ行きは絶好調の様子

定価335,500円という高価格帯ながら、ほぼ同時期に発売されたEOS R5とともに絶大な人気を誇るシリーズとなっています。価格.comの「デジタル一眼カメラ 人気売れ筋ランキング 2020年11月」では堂々の1位を獲得するなど、その人気は折り紙つき。

f:id:teppex0412:20201114165952j:plain

※価格.comより引用

この売れ行きはCanon側も嬉しい誤算だったようで、生産が追いつかず注文から数週間は手元に届かないという事態が起きているようです…。

参考商品の供給状況についてのお詫びとご案内

僕は7月末に予約したのですが、発売日より3週間ほど遅れて届きました。

  目次に戻る

EOS R6の3つの特徴

人気大爆発中のEOS R6ですが、何がそんなにすごいのか?
3つの特徴とともに解説していきます。

※このパートは長いので、実写サンプルレビューまで読み飛ばしたい方は下のボタンからどうぞ

[ 特徴1 ]史上初となるボディ内手ぶれ補正

EFマウント時代から数えると、とっても歴史の長いEOSシリーズ。その史上初となるボディ内手ぶれ補正機構を搭載したのがEOS R5とR6なのです。

f:id:teppex0412:20201115115208j:plain

これまでのCanonは、IS(Image Stabilizer)といわれる「レンズ側での手ぶれ補正機構」一辺倒。各メーカーがボディ内手ぶれ補正を搭載したミラーレス機を次々と投入する中、Canonは完全に遅れを取っていました。

そんな折、世の中では空前のオールドレンズブームが巻き起こります。

ミラーレス機の普及に伴い、フィルムカメラ時代の古いレンズが再利用できるようになったのです。SNSなどを中心に、柔らかくて味のある写真が人気を集め始めました。

 

 
 
この投稿をInstagramで見る

Bro_satara(@sa_aka_bro)がシェアした投稿

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Kei Sato l 佐藤 啓(@keisato_film)がシェアした投稿

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

kana(@ssn_kana000)がシェアした投稿

 

もちろん、フィルム時代のオールドレンズにはISのような手ぶれ補正機構は搭載されていません。

f:id:teppex0412:20201114185943j:plain

フィルム時代のFDレンズなどにはISが付いていない

つまり、ボディ内手ぶれ補正が付いていないカメラでは手ブレが起きやすく使いにくいのです…。この点で、IS非搭載のオールドレンズを使いたいユーザーの多くが他メーカーへと目を向けてしまった感がありました。

実は2年前(2018年)まではミラーレス機のシェア数No.1メーカーはオリンパスでした。
しかし、カメラファンからCanonへの期待は高く、2018年に「EOS R」が発売されると一気にシェアトップへと躍り出ます。

この辺りはやはり王者の貫禄がありますね。

f:id:teppex0412:20201114190331j:plain

※BCN AWARD Webサイトより引用

参考BCN AWARD 部門別受賞企業─デジタルカメラ(ミラーレス一眼)

少し話が逸れてしまいましたが、ボディ内手ぶれ補正はCanonユーザーの超超超超超・待望の機能だったのです。

そして、満を持してボディ内手ぶれ補正を搭載したR5とR6は、革命的フルサイズミラーレス機として注目を集めているというわけです。

この情報を得た瞬間、僕は買うことを決意しました(笑)

[ 特徴2 ]最大20コマ/秒の連写性能

これも驚異的な数値ですが、連写性能はなんと最大で20コマ/秒!

f:id:teppex0412:20201115115212j:plain

SONYのα9IIが同じく最大20コマ/秒というスペックですが、これはどちらも電子シャッター時の性能になります。

ミラーレス機のシャッターには電子シャッターとメカシャッターがあります。

今回は詳しいことは省きますが、メカシャッター時の連写性能を比較するとCanonの方が上回っています。

メカシャッター時の連写性能
・EOS R6…最高約12コマ/秒
・α9 II…最高約10コマ/秒
※両者ともにレンズ性能などの条件あり

これまでのCanonの最高連写速度は、プロ機であるEOS-1D X Mark IIIの最高約16コマ/秒だったので、R6はそれを4コマも上げてきたということになります。

[ 特徴3 ]Digic Xと高感度CMOSセンサーによる画質の良さ

 R6の映し出す画像は本当に美しいです。その高画質を支えているのが最新の映像エンジンDigic Xと、高感度&高速性能を持った35mフルサイズCMOSセンサー。

f:id:teppex0412:20201115115216j:plain

横文字が多すぎて何のこっちゃ!ではありますが、とにもかくにも「写真が綺麗に撮れる」と思ってください(笑)

さらにR6はISO感度がR5よりも優れており、常用最高ISO102,400の高感度性能。

なかなか使う機会はないと思いますが、拡張設定にすることでISO204,800まで上げることもできます。

ISO感度は高ければ高いほど暗いシーンでも明るく写すことができますが、その分ノイズが増えていきます。そのノイズを映像エンジンのDigic Xが処理して美しく仕上げてくれるというわけです。

  目次に戻る

実写サンプル&レビュー

 ここからは実際にR6で撮影した写真をご紹介します。最新のRFレンズからオールドレンズまで、色々な組み合わせで撮影しているのでレンズごとにまとめてみました。

サンプル1. RF35mm F1.8 MACRO IS STM

f:id:teppex0412:20201115190102j:plain

RF35mm F1.8 MACRO IS STM

f:id:teppex0412:20201115185644j:plain

RF35mm F1.8 MACRO IS STM - f/1.8 , 1/100 , ISO500

f:id:teppex0412:20201115200314j:plain

RF35mm F1.8 MACRO IS STM - f/1.8 , 1/100 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115201517j:plain

RF35mm F1.8 MACRO IS STM - f/1.8 , 1/80 , ISO640

f:id:teppex0412:20201115201015j:plain

RF35mm F1.8 MACRO IS STM - f/2.0 , 1/125 , ISO125

f:id:teppex0412:20201115201805j:plain

RF35mm F1.8 MACRO IS STM - f/1.8 , 1/2500 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115201814j:plain

RF35mm F1.8 MACRO IS STM - f/1.8 , 1/100 , ISO1250

f:id:teppex0412:20201115201809j:plain

RF35mm F1.8 MACRO IS STM - f/1.8 , 1/100 , ISO1250

f:id:teppex0412:20201115201820j:plain

RF35mm F1.8 MACRO IS STM - f/1.8 , 1/100 , ISO1250

f:id:teppex0412:20201115200320j:plain

RF35mm F1.8 MACRO IS STM - f/1.8 , 1/80 , ISO1600

f:id:teppex0412:20201115201825j:plain

RF35mm F1.8 MACRO IS STM - f/1.8 , 1/60 , ISO1600

  目次に戻る

サンプル2. RF85mm F1.2 L USM

f:id:teppex0412:20201115221906j:plain

RF85mm F1.2 L USM

f:id:teppex0412:20201115202432j:plain

RF85mm F1.2 L USM - f/1.8 , 1/200 , ISO400

f:id:teppex0412:20201115221356j:plain

RF85mm F1.2 L USM - f/1.4 , 1/1000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115221400j:plain

RF85mm F1.2 L USM - f/1.4 , 1/320 , ISO400

f:id:teppex0412:20201115221412j:plain

RF85mm F1.2 L USM - f/1.4 , 1/3200 , ISO400

f:id:teppex0412:20201115221417j:plain

RF85mm F1.2 L USM - f/1.4 , 1/320 , ISO400

f:id:teppex0412:20201115221421j:plain

RF85mm F1.2 L USM - f/1.4 , 1/640 , ISO400

f:id:teppex0412:20201115221425j:plain

RF85mm F1.2 L USM - f/1.4 , 1/500 , ISO400

  目次に戻る

サンプル3. Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4

f:id:teppex0412:20201115223916j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4

f:id:teppex0412:20201115225747j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/100 , ISO200



f:id:teppex0412:20201115223228j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/2000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115225807j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/200 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115223237j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/8000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115225812j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/200 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115223233j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/2000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115225823j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/200 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115223243j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/8000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115225809j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/250 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115223248j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/640 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115225833j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/2500 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115223252j:plain

Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4- f/1.4 , 1/1250 , ISO1600

  目次に戻る

サンプル4. FD 50mm f1.4 S.S.C.

f:id:teppex0412:20201114185943j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C.

f:id:teppex0412:20201115232706j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/1600 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232716j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/1000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232711j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/1000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232720j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/1000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232725j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/1000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232730j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/160 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232735j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/1000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232739j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/1000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232744j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/1000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232750j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/1000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232757j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/1000 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232802j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/200 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232807j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/400 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232811j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/400 , ISO100

f:id:teppex0412:20201115232816j:plain

FD 50mm f1.4 S.S.C. - f/1.4 , 1/400 , ISO100

  目次に戻る

良い点とイマイチな点

EOS R6の特徴や実写サンプルなどをご紹介してきましたが、個人的に良いなと思った部分と、イマイチだなと感じた部分を解説していきます。

良い点
・ボディ内手ブレ補正が想像以上にすごい
・Digic Xなので画質がかなり良い
・120fpsのEVFで快適に撮影できる
・カスタマイズできるボタンが多い 

イマイチな点
・在庫が少なく入手しづらい
・値段設定が絶妙に高い
・持ち歩くにはやや大きくて重たい

総じて「めちゃくちゃ良い」という評価ではありますが、在庫の少なさや値段設定、重量感などはややマイナスポイント…。

とはいえ、やはり性能的な箇所で言うと全くネガポイントはなく、写真のクオリティを求めるならとてつもなく良いカメラだと感じています。 

僕はR6を購入して以来、シンプルに写真を撮るのがさらに楽しくなりました。

EOS R6の評判や口コミをチェック

R6を購入した人たちはどのようなフィーリングなのでしょう。
SNSやAmazonのレビューを覗いてみました。

<

@jujuju0317さんのツイートによるとヨドバシカメラでは納期が3ヶ月かかるそうで・・・。やはり入手しづらい状況になっているみたいですね。

続いてはAmazonのレビューをチェックしてみます。

高速連続撮影と瞳AFの精度に感動!
(★★★★★)
9000Dからの買い足しで購入。 R6のボディー本体は軽いと思いました。 問題はRFレンズの重量。
1本目のレンズとして大三元の内の標準レンズ RF24-70mm F2.8 L IS USM を投入しました。
EVFファインダーは思った以上に綺麗に見えます。慣れれば気にならず、見える状態がそのまま写るので解りやすい。
購入前から気になっていたAF性能は人物、動物(我が家は猫がいます)にもバッチリ食いつき満足しています。 描写性能は非常に良いと思います。
バッテリーの持ちの評判はあまり良くなかったのですが、私の今のところの使用範囲では普通の範囲です。
SDカードはダブルスロットですが、プロではないので1枚しか使用していません。
唯一の残念な点は画素数が2010万画素とAPS-C機 9000D(2420万画素)より少ないところですかね?
まだ外には持ち出して撮影していませんが、今のところ概ね満足しています。 

─osamuさん(一部抜粋)

価格が高過ぎる。
(★★★★☆)
キヤノンニュースタンダードは結構ですが、ボディー単体で30万超えは高いと思います。
Rからの乗り換えです、Rで使いにくかった操作性が5D系と同じになりマルチファンクションボタンも復活しました。
AFの速さは1D系以外ではピカイチではないでしょうか。ボディー内手ブレ補正も手持ちで2秒は楽勝です、機能は最高ですが価格がイマイチなので星4つとしました。
当初噂されていたチープな作りとかは全く感じません。
手元にRが無いので比べられませんがペンタ部が低くなりましたね。私にとってR6は最高のカメラです、5Dmak4も所有していますがR6を使った後だとAFに不満を持ちます。(笑)
─trekさん(一部抜粋)

価格設定への不満や画素数の低さを指摘する声はあるものの、概ね満足度の高いレビューが見られました。

trekさんの「R6は最高のカメラです」には僕も1票かな(笑)

 

 

 

EOS RとRPも見逃せない

R5とR6の発売により、Rシリーズの第一世代であるRやRPもお得に買えるようになりました。中古価格も10〜15万円代になっていますし、今なら最大18,000円分のキャッシュバックを受けられるキャンペーンも開催中です。

キャッシュバックキャンペーンは新品のみが対象です!

EOS Mなどの小型ミラーレス機から買い換えるのであればEOS RPがおすすめ。Rシリーズの中では最も小型軽量なので、気軽にスナップなどに持ち出せるのが魅力のカメラです。

コスパが良いのも嬉しいですね〜!

www.photohibi.work

 

まとめ

EOS R6を使ってみた感想とレビューでした。2ヶ月間使ってみて、個人的にはかなり良いカメラだと実感しています。

写真のクオリティを引き上げてくれるので、撮影が楽しくなります!

現時点では手に入りにくいものの、写真を取る方には是非ともおすすめしたい1台ですので、ご検討中の方の参考になれば嬉しいです。

それでは、また。