photohibi

カメラと写真と日々のブログ。

Photo & Camera
Travel & Food
Lifestyle & Culture
Other

【強すぎる…】Canon RF24-70mm F2.8 L IS USMは超万能の標準ズームレンズ。実力派RFレンズを実写サンプル付きでレビュー!

アイキャッチ

こんにちは。てつみー (@te23_photohibi) です。

Canonのミラーレス機「EOS RP」を手に入れたものの、まだRFレンズを1本も持っていないんですよね…。 

手持ちのレンズとの兼ね合いもあり、RFマウントデビューを飾る1本としてどれを選べばいいか非常に悩んでいます。

このままではせっかくのEOS RPがもったいない!ということで、早速いろんなRFレンズを調べ上げて、それぞれの魅力・価格・メリット&デメリット・口コミ&レビューなどから「ベスト・オブ・初めてのRFレンズ」を選抜しようとう試みです。

毎回、1本のRFレンズをチョイスしてじっくり検討。そして、最も良かったものを購入しようと思っています。

 

 

 

 

今回のRFレンズはRF24-70mm F2.8 L IS USM

第一回目は「RF24-70mm F2.8 L IS USM」というRFレンズをご紹介します。

Canon RF24-70mm F2.8L IS USM

Canon RF24-70mm F2.8L IS USM

レンタルして使ってみましたので、実写サンプルも絡めながらレビューしていきたいと思います。

いきなりでアレですが、これはかなりの有力候補です!!

 Amazonで見てみる

POINT

ちなみにですが、高価なカメラ機材をいきなり買うのは勇気がいりますが、レンタルサービスを使えばお得にお試しで使うことができます。たとえば、RF24-70mm F2.8L IS STMを 機材レンタルのAPEXで2泊3日でレンタルした場合はおよそ¥14,000円。
買おうかどうか迷っているけど、実際に数日間は使ってみないと判断できないという方にはおすすめです!

 レンズをお得にレンタルしてみる

おさらい:Canon RFレンズとは?

2019年に発売されたキャノンEOS RやEOS RPに搭載された「RFマウント」に対応したレンズ。

従来のEFマウントと同じ54mmの大口径を継承しつつ、通信速度や画質を向上させた次世代のマウントシステムです。

マウントというのはカメラ本体とレンズを接合する部分のことです。

EOS RPのマウント部

EOS RPのマウント部

RF24-70mm F2.8 L IS USMはどんなレンズ?

2019年9月末に発表されたRFマウント対応の標準ズームレンズ
24mm-70mmという画角をカバーしていますので、風景やスナップ撮影をはじめ、ポートレートなど幅広い用途で活躍するであろう万能型のレンズです。

Canonの公式サイトにコンセプトムービーがありましたので貼り付けておきますね。

冒頭で「いきなりの有力候補」と書いた理由はまさにその万能性に由来します。標準ズームレンズはあらゆるシチュエーションで使えるので、1本持っておくとかなり重宝します

個人的には、普段の撮影で使用する画角は35mmとか50mmとかが多く、ほとんどが標準レンズの画角なんですよね。

 

 

 

RF24-70mm F2.8 L IS USMのスペック

では、次にスペックを見ていきましょう。ここでの注目はIS(手ブレ補正機構)です。
比較対象として、右の欄にはEFマウントの同クラス製品を入れています。 

  RF24-70mm F2.8 L IS USM EF24-70mm F2.8L II USM
画像
価格(※2020年2月現在) ¥265,302 ¥186,845
焦点距離 24~70 mm 24~70 mm
F値 F2.8 F2.8
最短撮影距離 0.21 m 0.38 m
対応マウント キヤノンRFマウント系 キヤノンEFマウント系
手ブレ補正機構(IS) あり なし
防塵・防滴
フルサイズ対応
サイズ(最大直径x長さ) 88.5 X 125.7mm 88.5 X 113 mm
重量 900 g 805 g
フィルター径 82 mm 82 mm

旧来のEFレンズよりも若干大きく・重たくなっているものの、手ブレ補正機構(IS)が搭載されたのはすごい。実はこれ、Canonの歴史的な進歩と言っても過言ではないんです。

このレンズの為にEOS RやRFを購入しても良いとすら思うくらいスゴイことです!

EFでは実現できなかったIS(手ブレ補正機構)搭載

その秘密を探ると、ミラーレス一眼の構造にヒントがありました。
EFレンズ時代は、大型のレンズにISを搭載しようとすると尋常じゃないくらいサイズがデカくなるということでEF24-70mmへの搭載を諦めていたそうです。
しかし、RFレンズでは「ショートバックフォーカス(レンズからセンサーまでの距離が短い)」というミラーレス一眼の特徴を活かすことで、わずかなサイズアップでISの搭載を実現できるようになりました。
この辺りの話は下記の記事で詳しく語られています。

参考サイト RFレンズ、買ってもいいですか? 第4回(特別編)開発者に聞いた「F2.8 L IS シリーズ」のヒミツ

IS付きでF2.8通しの明るいレンズときたか…。これさえあれば通常の撮影はほとんどまかなえるのではないでしょうか。

 Amazonで見てみる

 レンズをお得にレンタルしてみる

 

RF24-70mm F2.8のサイズ・重さ

実物をのサイズや重さはどのような感じなのか見ていきます。
まずは350ml缶との比較画像。レンズの方がひとまわり半くらい大きい印象ですね。

350ml缶とのサイズ比較画像

350ml缶と並べるとこのようなサイズ感

スペックによれば重量は900gですが、保護フィルター・リアキャップ・フードなどを装着すると1kgを少し超えるくらいの重さになります。

測りにレンズを乗せた画像

もろもろ込みで1kgちょいの重さに
EOR RPに装着してみた

EOS RPにつけてみるとこのような感じになります。

EOS RPに装着①

EOS RPに装着②

EOS RPに装着③

EOS RPに装着

コンパクトなRPに対してはややオーバーな印象ですが、ギリギリ片手でも本体ごと支えながら撮影できるくらいの重さとサイズです。

そもそもRPがかなりコンパクトなのでバランスは悪く見えますが、このサイズ感なら問題なく使えそうです!

RF24-70mm F2.8 L IS USMの実写サンプル集

百聞は一見に如かず。実写サンプルは重要な判断基準のひとつです。
早速さまざまなシチュエーションで撮影してきましたのでご覧ください。

人物の実写サンプル

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/320 , ISO=100

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/160 , ISO=100

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/200 , ISO=100

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/125 , ISO=100

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/80 , ISO=100

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/160 , ISO=100

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/50 , ISO=800

 

風景の実写サンプル

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/400 , ISO=100

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/1600 , ISO=100

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/125 , ISO=100

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/250 , ISO=100

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/1600 , ISO=100

 

食べ物の実写サンプル

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/250 , ISO=100

撮影サンプル

EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/160 , ISO=100

 

他にも実写サンプルを見たい方へ

ちなみに、このほかにも実写サンプルが掲載されているおすすめのサイトがありますので、いくつかご紹介します。

参考サイト Canon 公式サイト RF24-70mm F2.8 L IS USM 撮影サンプル

参考サイト フジヤマカメラノブログ-Canon (キヤノン) RF24-70mm F2.8 L IS USM レビュー

参考サイト PHOTOHITO-CANON(キヤノン)のレンズ RF24-70mm F2.8 L IS USM で撮影した写真(画像)一覧

 

実際に使って見た感想

描写力はかなり高いです。F2.8ならではの滑らかなボケ味、ピントの合っているエリアはLレンズらしく鮮明な高解像度です。
24mm-70mmという画角も使い勝手が抜群に良い。どのシーンでもかなり満足度の高いパフォーマンスを発揮してくれそうです。

うーむ、やはりこれはかなりの有力候補と言っていいですね。

 

【ミニコラム】ついに出揃ったRFマウントの大三元シリーズ
2019年10月に発売されたRFマウント対応の大三元レンズ
RF24-70mm F2.8 L IS USMもそのひとつだけあって、かなりクオリティの高い仕上がりになっていると感じました。

大三元レンズ一覧

RFマウントに対応した大三元レンズ

大三元レンズとは?「大三元」は麻雀の役名のひとつで、三元牌の「白」「發」「中」をそれぞれ3枚ずつ揃えることで完成する大技の名称です。完成させるのが難しく、点数も高い役満です。その大技になぞらえて「広角ズームレンズ」「標準ズームレンズ」「望遠ズームレンズ」の代表的な3つのレンズを大三元レンズと呼ぶようになりました。

RF24-70mm F2.8 L IS USMはその中の「標準ズーム」を担っているわけですね。

 

RF24-70mm F2.8 L IS USMのレビュー・口コミをチェック

実際に購入した人はどのように感じているのでしょうか?Amazonのレビューや口コミサイトで、購入した人や使ってみた人の感想をチェックしてみました。

いずれの口コミも、僕の方で一部抜粋と要約のために編集を加えています。

当レンズの吐き出す絵はクオリティが高く、単焦点並ではないかと思います。ただ、値段が高いですね。僕の評価が星4なのはそのためです。そう考えると、真のライバルはRF24-105のような気がします。僕は持っていませんが、多くの人はこれで十分なのかもしれません。なんといっても、手振れ補正が付いているのが大きいと思います。また、雨の中で撮影するときもあるので、防滴仕様なのが魅力です。
─── Dont useさん(価格.comレビューより)

ミラーレスだからと携帯性を求めると、このレンズは大きい・重いとなるでしょうけれども、一眼を使ってきた身としては至極当然のサイズだと感じます。 手振れ補正は最大5段分という事で、昼間なら大抵はISO 100でブレずに撮れてしまいます。どの焦点距離でも十分に解像してくれます。等倍でチェックしても、これと言った粗は見られません。開放でも解像度は高いので、深度の浅さに注意すれば開放から使っていけます。総じて、3000万画素のEOS Rで撮って見る限り十分な解像度です。

─── バッハの平均律さん(価格.comレビューより)

モダンでクオリティの高いデザイン、軽量コンパクト、IS搭載、どれをとっても素晴らしかったです!ISとAFについては、驚くほど静かで、滑らかで、高速です。価格だけもう少しなんとかならないかな… 

─── Peter Ebelさん(Amazonレビューより) 

※原文はドイツ語のため筆者の方で意訳しています

 Amazonで見てみる

 レンズをお得にレンタルしてみる

 

 

 

RF24-70mm F2.8 L IS USMのメリット・デメリット

上記の口コミから見えてくる、このレンズのメリットとデメリットをまとめてみると感じでしょうか。

メリット
・どの焦点距離でも高い解像度
・手ブレ補正機構が素晴らしい
・静かで滑らかな高速AF

デメリット
・大きくて重い
・値段が高い

あと、個人的にはもう少し口コミやレビューが欲しいかな…。発売されて間もないこともあり、まだユーザーからの情報が少なめなのもデメリットかもしれませんね。

ただ、購入者は総じて解像度ISについてベタ褒めしているので、レンズのクオリティは間違いはなさそうです。

まとめ:初めてのRFレンズとしてふさわしい逸品と言って良さそう!

第一回目でいきなり有力候補が出てしまいました(笑)口コミやレビューに裏付けされるように、RF24-70mm F2.8 L IS USMはかなり優秀なレンズだと思います。

1本目に買うなら、このレンズはある意味ベストかもしれませんね。

とはいえ、まだまだ調査を始めたばかりなので、このタイミングでの判断は時期尚早か…。

ちなみにフィルターは82mmのものを

このレンズのフィルター径は82mmですので、購入の際は同サイズの保護フィルターもお忘れなく!

というわけで、迷ってる僕がお送りする本気のRFレンズ選びのコーナー。
毎回こんな感じで、いろいろなRFレンズにスポットを当てて深掘りしていきたいと思います。

我ながら楽しいな、このコーナー(笑)

乞うご期待!!(主に自分が、ですけどw)
それでは、また。

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

www.photohibi.work

www.photohibi.work

www.photohibi.work

www.photohibi.work