【強すぎる…】Canon RF24-70mm F2.8 L IS USMは超万能の標準ズームレンズ。実力派RFレンズを実写サンプル付きでレビュー!

こんにちは。てつみー (@te23_photohibi) です。

CanonのRFマウントで使える標準ズームレンズ、RF24-70mm F2.8 L を使ってみました。描写性能も高く、標準域をカバーできる画角は魅力的な1本。かなりの実力派です。実写サンプルもいくつか載せていますので参考にしてみてください。

RF24-70mm F2.8 L IS USMについて

RF24-70mm F2.8 L IS USM」とはどんなレンズなのか?
説明も兼ねてご紹介します。

スペック

まずはスペックを見ていきましょう。比較対象として、右の欄にはEFマウントの同クラス製品を入れています。 

 RF24-70mm F2.8 L IS USMEF24-70mm F2.8L II USM
画像
価格(※2020年2月現在)¥265,302¥186,845
焦点距離24~70 mm24~70 mm
F値F2.8F2.8
最短撮影距離0.21 m0.38 m
対応マウントキヤノンRFマウント系キヤノンEFマウント系
手ブレ補正機構(IS)あり(最大5段分)なし
防塵・防滴
フルサイズ対応
サイズ(最大直径x長さ)88.5 X 125.7mm88.5 X 113 mm
重量900 g805 g
フィルター径82 mm82 mm

旧来のEFレンズよりも若干大きく・重たくなっているものの、手ブレ補正機構(IS)が搭載されたのはすごい。実はこれ、このモデルの歴史的な進歩と言っても過言ではないんです。

このレンズの為にEOS RやRFを購入しても良いとすら思うくらいスゴイことです!

てつみー

てつみー

手ブレ補正機構(IS)について

Canon独自のレンズ内手ブレ補正機構がIS(Image Stabilizer)です。Canonのカメラには、ボディ内に手ブレ補正機構を搭載していないモデルが多いため、手持ち撮影の際にIS付きのレンズが重宝します。

EFでは実現できなかったIS機構

なぜ、以前のモデルであるEFレンズにはISを搭載できなかったのか。そして、なぜRFになり実現する子ができたのでしょうか?

その秘密を調べてみると、ミラーレス一眼の構造にヒントがありました。

てつみー

てつみー

EFレンズ時代は、大型のレンズにISを搭載しようとすると尋常じゃないくらいサイズがデカくなるということでEF24-70mmへの搭載を諦めていたそうです。

しかし、RFレンズでは「ショートバックフォーカス(レンズからセンサーまでの距離が短い)」というミラーレス一眼の特徴を活かすことで、わずかなサイズアップでISの搭載を実現できるようになったのだとか。この辺りの話は下記の記事で詳しく語られています。

参考サイト RFレンズ、買ってもいいですか? 第4回(特別編)開発者に聞いた「F2.8 L IS シリーズ」のヒミツ

使い勝手抜群の標準ズームレンズ

Canon RF24-70mm F2.8L IS USM
Canon RF24-70mm F2.8L IS USM

RF24-70mm F2.8 L IS USMは、2019年9月末に発表されたRFマウント対応の標準ズームレンズ
24mm-70mmという画角をカバーしていますので、風景やスナップ撮影をはじめ、ポートレートなど幅広い用途で活躍するであろう万能型のレンズです。

Canonの公式サイトにコンセプトムービーがありましたので貼り付けておきますね。

てつみー

てつみー

Canon RFレンズとは?

2019年に発売されたキャノンEOS RやEOS RPに搭載された「RFマウント」に対応したレンズ。
従来のEFマウントと同じ54mmの大口径を継承しつつ、通信速度や画質を向上させた次世代のマウントシステムです。

EOS RPのマウント部
EOS RPのマウント部

マウントというのはカメラ本体とレンズを接合する部分のことです。

てつみー

てつみー

RF24-70mm F2.8 L IS USMをレビュー!

ここで結論を申しますと、このレンズはかなりおすすめ!理由は、いろいろな場面で使える万能性に由来します。
24-70mmという画角は、日常のスナップから風景撮影、本格的なスタジオでのモデル撮影など、ありとあらゆるシチュエーションで使えるので、1本持っておくとかなり重宝します。

個人的には、普段の撮影で使用する画角は35mm〜50mmが多く、ほとんど標準レンズ1本あればまかなえます。

てつみー

てつみー

RF24-70mm F2.8のサイズ・重さ

サイズや重さはどのような感じなのか見ていきます。
まずは350ml缶との比較画像。レンズの方がひとまわり半くらい大きい印象ですね。

350ml缶とのサイズ比較画像
350ml缶と並べるとこのようなサイズ感

スペックによれば重量は900gですが、保護フィルター・リアキャップ・フードなどを装着すると1kgを少し超えるくらいの重さになります。

測りにレンズを乗せた画像
もろもろ込みで1kgちょいの重さに

EOR RPに装着してみた

EOS RPにつけてみるとこのような感じになります。

EOS RPに装着①
EOS RPに装着

コンパクトなRPに対してはややオーバーな印象ですが、ギリギリ片手でも本体ごと支えながら撮影できるくらいの重さとサイズです。

そもそもRPがかなりコンパクトなのでバランスは悪く見えますが、このサイズ感なら問題なく使えそうです!

てつみー

てつみー

RF24-70mm F2.8 L IS USMの実写サンプル集

百聞は一見に如かず。実写サンプルは重要な判断基準のひとつです。
早速さまざまなシチュエーションで撮影してきましたのでご覧ください。

人物の実写サンプル

撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/320 , ISO=100
撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/160 , ISO=100
撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/200 , ISO=100
撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/125 , ISO=100
撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/80 , ISO=100
撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/160 , ISO=100
撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/50 , ISO=800

風景の実写サンプル

撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/400 , ISO=100
撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/1600 , ISO=100
撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/125 , ISO=100
撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/250 , ISO=100
撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/1600 , ISO=100

食べ物の実写サンプル

撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/250 , ISO=100
撮影サンプル
EOS RP , RF24-70mm F2.8 IS USM , f=2.8 , 1/160 , ISO=100

他にも実写サンプルを見たい方へ

ちなみに、このほかにも実写サンプルが掲載されているおすすめのサイトがありますので、いくつかご紹介します。

参考サイト Canon 公式サイト RF24-70mm F2.8 L IS USM 撮影サンプル
参考サイト フジヤマカメラノブログ-Canon (キヤノン) RF24-70mm F2.8 L IS USM レビュー
参考サイト PHOTOHITO-CANON(キヤノン)のレンズ RF24-70mm F2.8 L IS USM で撮影した写真(画像)一覧

実際に使ってみた感想

描写力はかなり高いです。F2.8ならではの滑らかなボケ味、ピントの合っているエリアはLレンズらしく鮮明な高解像度です。
24mm-70mmという画角も使い勝手が抜群に良い。どのシーンでもかなり満足度の高いパフォーマンスを発揮してくれそうです。

RF24-70mm F2.8 L IS USMのレビュー・口コミをチェック

実際に購入した人はどのように感じているのでしょうか?
Amazonのレビューや口コミサイトで、購入した人や使ってみた人の感想をチェックしてみました。

いずれの口コミも、一部抜粋と要約のために編集を加えています。

てつみー

てつみー

当レンズの吐き出す絵はクオリティが高く、単焦点並ではないかと思います。ただ、値段が高いですね。僕の評価が星4なのはそのためです。そう考えると、真のライバルはRF24-105のような気がします。僕は持っていませんが、多くの人はこれで十分なのかもしれません。なんといっても、手振れ補正が付いているのが大きいと思います。また、雨の中で撮影するときもあるので、防滴仕様なのが魅力です。
─── Dont useさん(価格.comレビューより)

ミラーレスだからと携帯性を求めると、このレンズは大きい・重いとなるでしょうけれども、一眼を使ってきた身としては至極当然のサイズだと感じます。 手振れ補正は最大5段分という事で、昼間なら大抵はISO 100でブレずに撮れてしまいます。どの焦点距離でも十分に解像してくれます。等倍でチェックしても、これと言った粗は見られません。開放でも解像度は高いので、深度の浅さに注意すれば開放から使っていけます。総じて、3000万画素のEOS Rで撮って見る限り十分な解像度です。

─── バッハの平均律さん(価格.comレビューより)

モダンでクオリティの高いデザイン、軽量コンパクト、IS搭載、どれをとっても素晴らしかったです!ISとAFについては、驚くほど静かで、滑らかで、高速です。価格だけもう少しなんとかならないかな… 

─── Peter Ebelさん(Amazonレビューより) 

※原文はドイツ語のため筆者の方で意訳しています

RF24-70mm F2.8 L IS USMのメリット・デメリット

上記の口コミから見えてくる、このレンズのメリットとデメリットをまとめてみると以下のような感じ。

メリット
・どの焦点距離でも高い解像度
・手ブレ補正機構が素晴らしい
・静かで滑らかな高速AF

デメリット
・大きくて重い
・値段が高い

購入者は総じて解像度ISについてベタ褒めしているので、レンズのクオリティは間違いはなさそうですよね。

実際に使ってみた感想として、クオリティはかなり高いと感じました。

てつみー

てつみー

まとめ:初めてのRFレンズとしてふさわしい逸品と言って良さそう!

RF24-70mm F2.8 L IS USMというレンズを実際に使ってみた感想と実写レビューでした。
口コミやレビューにも裏付けされるように、かなり万能で優秀なレンズだと思います。

1本目に買うなら、このRFレンズはベストかもしれませんね。

てつみー

てつみー

フィルターは82mmのものを

補足になりますが、このレンズのフィルター径は82mmですので、購入の際は同サイズの保護フィルターもお忘れなく!
HAKUBAのXC-PROというフィルターが品質が高くおすすめです。

それでは、また。

こちらの記事もどうぞ

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA