【実は簡単】カメラ用SDカードのシンプルな選び方。カードの種類についても解説します。

こんにちは。てつみー (@te23_photohibi) です。

カメラで撮影した写真や動画データを記録しておくために必要なSDカード。
店頭に行くととんでもない数のカードがズラリと並んでいます。

種類が多すぎて、どれを買えばいいのか分からないですよね。

てつみー

てつみー

数が多すぎて一見難しそうに見えますが、実は「容量とスピードクラス」を押さえておけばOKなんです。
この記事ではSDカードの種類選び方について、シンプルに解説します。

こんな人向けの記事です

・SDカードの種類って、どんなものがあるの?
・カードの選び方を知りたい。
・写真に最適なSDカードは?
・動画に最適なSDカードは?
・おすすめのSDカードを教えて欲しい。

SDカードは大きく分けて3種類

SDカードは、W24mm × H32mmサイズの記録メディアです。
保存できるデータ容量に合わせてSDカード、SDHCカード、SDXCカードの3つに分類されています。

カードの種類データ容量
SDカード最大で2GB
SDHCカード4GB〜32GB
SDXCカード32GB以上

機器によって対応しているカードが異なりますので、購入前に必ず自分が使っているカメラで使えるかチェックしましょう。

使えるカードの種類は、メーカーWebサイトの商品ページなどで確認できます。

てつみー

てつみー


基本的には、新しい規格であるSDXCカードを選んでおけば間違いありません
最近では価格もグンと下がってきており、手にしやすくなっています。

SDカードは「SDXCカードがいい」と覚えてください。

カードに記載されている
数字やアイコンの意味は?

SDカードに記載されている数字やアイコンの意味を解説していきます。
これを読み解くことで、カードの種類や選ぶポイントを理解できますので、しっかりと押さえておきましょう!

SDカードのラベル面には、次のような情報が記載されています。

SDカードのラベルに記載されている内容

色々と書かれていて複雑に見えますが、気にすべきポイントは「容量とスピードクラス」の2つだけでOKです。

2つのポイントについて、詳しく解説していきます。

てつみー

てつみー

ポイント1. 容量

ご自身の用途に合ったカード容量を選びましょう。
参考までに、容量による記録可能数を一覧にしてみました。

データ容量写真:記録可能枚数
約1,600万画素 / 7MB
4K動画:記録可能時間
3840 × 2160 / 25fps
4GB約500枚約7分
8GB約1,000枚約14分
16GB約2,000枚約28分
32GB約4,000枚約56分
64GB約8,000枚約1時間52分
128GB約16,000枚約3時間44分
256GB約32,000枚約7時間28分
512GB約64,000枚約14時間56分
容量による記録可能数(※数値は目安です)

jpgでの写真撮影をメインにされるのであれば32GBもあれば十分です。
RAWも撮影したいという方は、64GB〜128GBあたりが妥当な容量になります。
4K動画であれば、最低でも64GB以上は欲しいところです。

ちなみに、僕はRAW+jpgの写真撮影用に128GBを購入しましたが、使い切ることはほとんどありません。正直、オーバースペックでした(笑)

てつみー

てつみー

ポイント2. スピードクラス

スピードクラスとは、データを読み書きする転送速度の速さを表す数値です。
こちらはやや複雑で、スピードクラスを表現するアイコンには以下のような種類があります。

・UHSスピードクラス
・スピードクラス
・ビデオスピードクラス

たくさん出てきて紛らわしいのですが、基本的には「最低でもこれくらいの速度で転送できますよ」というスピードを表したアイコンになります。

数字は大きければ大きいほど良いです。

てつみー

てつみー

SDカードの選び方と
おすすめのカード

ここからは、SDカードの選び方を解説していきます。
カードの種類が理解できていないと、ついつい容量や価格だけを見て決めてしまいがちです。

かくいう僕も、最初は容量だけを見て選んでいました。

てつみー

てつみー

前述の通り、基本的には「容量とスピードクラス」がポイントになります。
以下の2STEPで選べば、迷うことなく自分にあったカードを選ぶことができます。

写真を撮る人
① 必要な容量を決める
最高書き込み速度を選ぶ

動画を撮る人
① 必要な容量を決める
最低転送速度を選ぶ

写真の場合は最高書き込み速度動画の場合は最低転送速度を気にして選んでください。

写真をメインで撮る場合

主に写真を撮影する場合は、最高書き込み速度が重要なポイントになります。

これは、連写や瞬発的にシャッターを切りたいときにもカードが対応できるようにする必要があるためです。

以下のスペックを基準として選んでみてください。

てつみー

てつみー

・容量…64GB
・最高書き込み速度…60MB/s以上

容量は64GBもあれば、RAW+jpgを撮影したとしても約2,000枚ほど撮影することができますので、まず困ることはありません。

写真撮影におすすめのSDカード

書き込み速度が速く、おすすめのカードをまとめてみました。

画像商品名データ容量参考価格書き込み速度リンク
SanDisk
Extreme PRO
64GB¥1,99890MB/sAmazonで見る
Kingston
CANVAS Go! Plus
64GB¥1,48070MB/sAmazonで見る
Team Group
EXTREEM UHS-II
64GB¥3,480120MB/sAmazonで見る

価格帯も手頃になっており、2,000円〜3,000円前後で購入することが可能です。

動画をメインで撮る場合

動画を撮影することが多いという方は、最低転送速度がポイントとなります。

4Kなど容量の大きな動画は、メディアの書き込みスピードが遅いとコマ落ちのような動画になってしまったり、最悪の場合は撮影ができないという可能性もあります。

4K動画を撮影する場合の、おすすめスペックは以下の通りです。

てつみー

てつみー

・容量…128GB
・最低転送速度…30MB/s以上(UHSスピードクラス3、ビデオスピードクラス30以上)

動画撮影におすすめのSDカード

最低転送速度が早いおすすめのSDカードをまとめました。

画像商品名データ容量参考価格最低転送速度リンク
Transcend
TS128GSDC300S-E
128GB¥2,22230MB/sAmazonで見る
Kingston
Canvas Select Plus SDS2
128GB¥2,59030MB/sAmazonで見る
PRO GRADE
COBALT 300R
128GB¥14,96790MB/sAmazonで見る

V30クラスのものであれば4K動画撮影時も安心して使うことができます。
スローモーション用の素材などでフレームレートの高い動画(120fps、240fpsなど)を撮影したい場合は、V90のカードが必要になります。

例えば、EOS Kiss M2の4K(25.00fps / 23.98fps)動画撮影には、約15MB/sが必要になります。V30クラスのSDカードなら、30MB/sは保証されますので途切れたりする心配がありません。

まとめ:写真は最高、動画は最低

SDカードの選び方を解説しました。
おさらいになりますが、写真 or 動画の目的によって選ぶ基準が変わります。

写真を撮る人
① 必要な容量を決める
最高書き込み速度を選ぶ

写真を撮影する場合のおすすめスペック
・容量…64GB
・最高書き込み速度…60MB/s以上

動画を撮る人
① 必要な容量を決める
最低転送速度を選ぶ

4K動画を撮影する場合のおすすめスペック
・容量…128GB
・最低転送速度…30MB/s以上(UHSスピードクラス3、ビデオスピードクラス30以上)

上記のポイントを抑えて、あなたに合ったスペックのSDカードを選んでみてください!

「写真は最高、動画は最低。」が合言葉です。

てつみー

てつみー

それでは、また。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA