photohibi

カメラと写真と日々のブログ。

Photo & Camera
Travel & Food
Lifestyle & Culture
Other

【実用度高め】たったこれだけ?!写真が良くなる基本構図ベスト3。

こんにちは。てつみー (@te23_photohibi) です。

「写真を始めてみたけど、なんだか上手く撮れない…。」とお悩みのあなた。
実は、撮影の際にちょっと意識するだけで写真がグッと良くなるポイントがあります。
それが「写真の構図」です。

構図は、フレームの中で「何をどこに置くか」を配置すること。そして、写真には“良いとされる構図”があります。

いわば、先人たちが築き上げてきた魔法のテンプレートです。

構図テンプレートは無数に存在し、全部覚えるのはかなり骨の折れる作業…。
ですが、安心してください!
ぶっちゃけ言いいますと、全てを覚える必要はありません(笑)

なぜなら、日頃の撮影において使う頻度が高い構図というのは、せいぜい5〜6個に限られくるからです。
今回は、僕が撮影時に使うことが多い構図を3つほどピックアップしました。 

この記事の概要
押さえておくだけで写真のクオリティがUPする「基本の構図」。今回は、特に実用度が高いおすすめの構図ベスト3をまとめました。

  

 

 

 

押さえておくべき、写真の基本構図ベスト3

数ある写真構図の中でも、実用度が高く、押さえておきたい3つをランキング形式でご紹介します。

第3位. 王道の中の王道!「日の丸構図」

f:id:teppex0412:20210107140452j:plain

構図の中で、最も王道と言えるのが日の丸ひのまる構図」です。
日本国旗のように、画面のど真ん中にモチーフを配置することから「日の丸」と名付けられています。

f:id:teppex0412:20210107140425j:plain

f:id:teppex0412:20210107140430j:plain

主題をど真ん中に置くんじゃ!という、実に潔いの良い構図。ぱっと見でテーマが伝わりやすい写真を撮影できる点がメリットです。

f:id:teppex0412:20210107140443j:plain

f:id:teppex0412:20210107140447j:plain

f:id:teppex0412:20210107140500j:plain

f:id:teppex0412:20210107140504j:plain

f:id:teppex0412:20210107140508j:plain

f:id:teppex0412:20210107140513j:plain

f:id:teppex0412:20210107140517j:plain

f:id:teppex0412:20210107140522j:plain

f:id:teppex0412:20210107140434j:plain

f:id:teppex0412:20210107140439j:plain

f:id:teppex0412:20210107140452j:plain

f:id:teppex0412:20210107140456j:plain

しかし、分かりやすい反面、視線が真ん中から動かないので退屈な写真になりがち…
背景をしっかりとボカしたり、形の面白いモチーフを狙うなどの工夫が必要になります。

モチーフそのものが魅力的であれば効果大です。積極的に使っていきましょう!

  目次に戻る

  

 

 

第2位. 迫力がすごい!「放射線構図」

f:id:teppex0412:20210107140526j:plain

画面の1点から、放射状に線が広がっていくようなアングルで撮影するのが放射線ほうしゃせん構図」。 動き・躍動感が出て、迫力のある写真が狙える構図です。

f:id:teppex0412:20210107140547j:plain

f:id:teppex0412:20210107140553j:plain

橋などの建造物や、長く続く道などで効果を発揮します。画面を目一杯使ってパース(遠近感)を効かせると、より迫力のある写真が撮影できます。

f:id:teppex0412:20210107140556j:plain

f:id:teppex0412:20210107140602j:plain

f:id:teppex0412:20210107140607j:plain

f:id:teppex0412:20210107140613j:plain

f:id:teppex0412:20210107140617j:plain

f:id:teppex0412:20210107140622j:plain

f:id:teppex0412:20210107140526j:plain

f:id:teppex0412:20210107140530j:plain

 

常に放射状にできる場所がないか、意識しながら撮影すると見つけやすいです。

  目次に戻る

第1位. 超万能!「三分割構図」

f:id:teppex0412:20210107140635j:plain

僕が実践で最も使うことが多いのが三分割さんぶんかつ構図」
画面を3×3のグリッドで区切り、交点や線上に被写体を配置する構図です。

f:id:teppex0412:20210107140626j:plain

f:id:teppex0412:20210107140631j:plain

例えば、テーブルの上に置いてあるグラスや、モデルの顔などの「注目させたいポイント」をグリッドの交点に置くことで、画面に広がりを持たせることができます。

f:id:teppex0412:20210107140711j:plain

f:id:teppex0412:20210107140715j:plain

f:id:teppex0412:20210107140652j:plain

f:id:teppex0412:20210107140659j:plain

写真にストーリー性が出やすく、汎用性が非常に高い点がメリットです。
ポートレートをはじめ、スナップやフード撮影など、あらゆる場面で活躍してくれますので是非ともマスターしたい構図です。

f:id:teppex0412:20210107140703j:plain

f:id:teppex0412:20210107140707j:plain

f:id:teppex0412:20210107140720j:plain

f:id:teppex0412:20210107140724j:plain

f:id:teppex0412:20210107140644j:plain

f:id:teppex0412:20210107140648j:plain

f:id:teppex0412:20210107140635j:plain

f:id:teppex0412:20210107140640j:plain

カメラのファインダーに三分割グリッドを表示させておくと構図が作りやすいです。 

  目次に戻る

まとめ

写真を良くするために押さえておきたい、基本構図ベスト3をご紹介しました。
最後に、ランキング表をまとめておきます。

順位 第1位 第2位 第3位
構図名称 三分割構図 放射線構図 日の丸構図
イメージ

f:id:teppex0412:20210107140635j:plain

f:id:teppex0412:20210107140547j:plain

f:id:teppex0412:20210107140425j:plain

メリット 汎用性が高く、あらゆる場面で活躍する。 写真に動きや躍動感、迫力を出せる。 主題に注目しやすい。
デメリット グリッドを見ながら撮影できないと難しい。   ハマるシーンが少なく、写真が雑多になりがち。 王道すぎて面白くなくなってしまう可能性あり。

自分の写真にちょっと飽きてきたという方、なぜか写真がパッとしないとお悩みの方は、是非試してみてください。

最初は難しいかもしれませんが、練習を重ねることで、とっさに良い構図でシャッターを切れるようになってくるはずです。

基本構図をマスターすれば、写真がワンランク上がります!

良い写真が撮れれば撮れるほど、撮影が楽しくなってのめり込んでいきますので、相乗効果も期待できますね〜!

それでは、また。