料理写真の撮り方:4つのコツを押さえて美味しそうに撮影!

こんにちは。te23 (@te23_photohibi) です。

お店で食事をしていると、美味しそうな料理を撮影したくなります。
最近はSNSや口コミサイトの影響で撮影OKのお店も増えましたね。

出てきた美味しそうな料理に感動して写真を撮ってみたものの「あれ?なんだかイマイチ…」ってことありませんか?

実際に目で見た感じと少し違ったり、美味しそうな感じがうまく伝わらなかったり…。

てつみー

てつみー

自分なりに色々と試行錯誤してみたのですが、料理を美味しそうに撮るためのコツがあることに気づきました。
今回は、料理写真の撮り方を4つのコツでご紹介したいと思います。

料理写真のテクニックを学べる書籍

カメラマンの佐藤 朗さんと、フードスタイリストの小坂 桂さんの共著です。
基本的な料理写真の撮影方法をはじめ、案外見落としがちな目からウロコ的な内容も書かれており、分かりやすくオススメの一冊です。

よかったらぜひ読んでみてください。

てつみー

てつみー

料理写真の4つのコツ

というわけで、ここからは上記の本で得た知識に加え、実際に僕が撮影を繰り返す中で発見した「料理写真を上手く撮るための4つのコツ」をご紹介していきます。

コツ① 料理写真は反逆光〜逆光がベスト!

美味しそうな料理写真を撮影するもっとも簡単なコツが、逆光か半逆光の光で撮影することです。

半逆光で撮影
こちらも半逆光

カメラを構えた時に、光源が自分の正面方向にあるかどうかを意識してみてください。
例えば、昼間であれば窓に向かってまっすぐ向いて座り、窓と自分の間に料理がある状態がベストです。

f:id:teppex0412:20190605083521j:plain
窓に向かってカメラを構えると逆光になります。

このテクニックのからくりを簡単に説明しておきますと、逆光にすることで料理の手前に影が落ち、食べ物に立体感が生まれるので、ツヤが出て美味しそうに見えるというわけです。

逆光で撮影

このライティングを意識するだけでも、一気に美味しそうな写真になります。

てつみー

てつみー

コツ② 部屋の明かりは消す

蛍光灯の明かりは青白くて寒々しい印象を与えてしまいます。
それに、コツ①の逆光テクニックを使おうと思うと、部屋の中は暗い方が好都合ですので、室内の電気は基本的に消した方がベターです。

お店で「電気を消してください」とお願いするのは難しいと思いますので、その場合はジャケットやコートなど、大きめの服などで手前からの光を遮り、料理に当たる光が逆光になるように調整しましょう。

もちろん、これをするときは周りのお客さんやお店の方の迷惑にならないように気をつけて作業してくださいね(笑)

てつみー

てつみー

f:id:teppex0412:20190605091039j:plain
部屋の電気を消して撮影

コツ③ 不要なものは映さない!構図の工夫

撮りたい主役の料理に注目させるために、不要なものが写り込まない構図で撮影すると良いです。

たとえば、お店だとメニュー表やおしぼりなどで案外テーブルの上が散らかっています。
そういったものが写り込んでいると見栄えが悪くなりますので、できるだけ片付けたり、店内の他のお客さんが写り込まないように料理に寄って撮影してみましょう

できるだけテーブルの上を片付けて撮影
テーブルが狭い場合、思い切って寄ってみる

また、たくさんの料理が並んでいる様子を撮影したい場合は、真上から真俯瞰の構図で撮影するとオシャレ感が出ます

真俯瞰の料理写真はオシャレ感が出る

コツ④ できるだけ明るく、温かく仕上げる

撮影した写真はスマホのアプリなどを使って編集します。(デフォルトで入っているアプリだけでも十分です。)ポイントは明るく、温かみのある色味に仕上げることです。

暗くて色のくすんだ写真よりも、明るくて発色の良い写真の方が美味しそうに見えます!

てつみー

てつみー

さらに、料理の写真はオレンジや黄色などの温かみを感じる色に仕上げた方が美味しそうに感じます

f:id:teppex0412:20190605095723j:plain
肉料理などは特に、暖色系が美味しく見える

例外として、冷たい飲み物やアイスなどのものはブルーやグリーンっぽい寒色系の色味に仕上げることで爽やかな印象になります。

f:id:teppex0412:20190605091044j:plain
冷たい飲み物などは寒色系に仕上げて爽やかに

まとめ

なかなか奥が深い料理写真…。
僕なりに研究した撮影のコツをまとめてみました。

コツ① 料理写真は反逆光〜逆光がベスト!
コツ② 部屋の明かりは消す
コツ③ 不要なものは映さない!構図の工夫
コツ④ できるだけ明るく、温かく仕上げる

特にコツ①なんかは、ちょっとした光の向きを意識するだけで全然仕上がりが変わりますので、是非トライしてみてください。

お店に入った時に、できるだけ自然光の入る席を選ぶのも重要です。

てつみー

てつみー

それでは、また。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA