photohibi

カメラと写真と日々のブログ。

Photo & Camera
Travel & Food
Lifestyle & Culture
Other

【ダントツでおすすめ】おしゃれカメラバッグLuxxeフォースバッグがぶっ壊れたのでリピート購入!ふたたびレビューします。

アイキャッチ

こんにちは。てつみー (@te23_photohibi) です。
昨年4月に購入したカメラバッグ「LUXXe(ラグゼ) フォースバックパック」。
デザインもおしゃれで、普段使いもできるリーズナブルなカメラバッグということで、しばらく愛用してきました。

参考記事 普段使いもできる!オシャレなカメラバッグLUXXe(ラグゼ) をレビュー!

と、そんなある日、悲劇が…。なんと、メイン荷室を開閉するファスナーがボロっと剥がれてしまいました。

こわれたファスナー

ファスナーのレールが本体から外れてしまった

めちゃくちゃ気に入っていたのでショック・・・(ぴえん)

まだまだ他のところは綺麗だし、なんとかならないものかと思いジッパーを縫い付けてみたりしたのですが、どうにも開閉がぎこちないし、またすぐに外れてくるし…。
仕事中にトラブると怖いので、とうとう諦めて買い直しました。

壊れたジッパー

ジッパーが外れて手の施しようがなくなりました

しかも、今回は黒とオリーブの2色とも買いました(笑)

f:id:teppex0412:20190416190034j:plain

ハクバ写真産業Webサイトより

2回も同じカバンを買ってカラバリまで揃えるって、どんだけ好きやねん!という感じですが、マジで使いやすいし良いんですよね。
というわけで、個人的に超がつくほどおすすめしたいLUXXe(ラグゼ) フォースバックパックをふたたびレビューしたいと思います〜! 

 Amazonで見てみる

 

 

 

 

改めて、LUXXe フォースバックパックについて

ハクバ産業より発売されているカメラバッグ。シンプルながら素材や機能性にこだわったバックパックです。

外寸 約W310×H480×D150mm
カメラ収納部内寸法 約W280×H140×D100mm
PC収納部参考収容寸法 約W250×H350×D20mm
重量 約900g
素材 1680Dナイロン
ジッパー 止水ファスナー(+本革引き手)
カラー ブラック/オリーブの2色展開

LUXXe フォースバックパックのサイズ・重量

LUXXe フォースバックパックのサイズ・重量

素材のアップ

素材は頑丈な1680Dナイロン

MEMO:1680Dナイロンって?1680D(デニール=厚みを表す単位)のナイロン素材。この厚みのナイロンというのは防弾チョッキにも使われるくらい衝撃や摩耗に強い素材と言われています。

確かに、傷やスレは全然つきませんでした。汚れも水で濡らしたタオルなどでさっと拭き取ることができます

 

収納力は?

カメラ荷室はバッグの底部分にあります。
サイドから大きく開くので、いざという時でも取り出しやすいです。
容量はそこまで大きくはありませんが、ミラーレス一眼+メインレンズ1本+サブレンズ2本くらいまでなら収納できるサイズ感。

収納力の説明

Canon EOS RPにEF24-104mmを装着。サブのレンズも2本くらいまでなら収納可能。

 

メイン荷室にはA4ファイルやノートPCも!

バッグ上部からアクセスできるメインの荷室にはPC用の収納エリアがあり(15インチまで)、A4のファイルなど縦長なものも収納することができます。

メイン荷室の画像

十分な収納力のあるメインの荷室

収納の説明図

PCやA4ファイルはこちらへ

全ての荷物

コレくらいのものであれば余裕で持ち歩けます

 Amazonで見てみる

 

地味に助かる小さなポケットたち

背面下部に付けられた小さなポケットがあるのですが、これが思いのほか便利で使い勝手が良いです。
撮影の時はメモリカードや予備バッテリーを入れても良いですし、通勤などで使う方はカードケースや鍵を入れておくのにも使えますね!

ポケット
ポケット
背面下部の小さいなポケットが便利!

ちなみに、僕は自宅の鍵を入れています!

 

 

 

デメリット

とまぁ、散々褒め称えてきたものの、やはり1年くらい使っていると色々と弱点も目につきました。デメリットもご紹介します。

 

デメリットその①:耐久性がない

なにより、ファスナー部分の耐久性が雑魚同然で、けっこう脆いです。
電車での移動時など、過酷な状況で多少乱暴に扱ってしまったこともありましたが、少し強引に引っ張るとファスナーのレールが本体から外れてしまいました。

もうちょい頑丈なら気にせずガシガシ使えるんですけどねぇ…

 

デメリット②:型崩れが起きやすい

それと、3ヶ月経ったくらいから型崩れも気になりました。特に負荷のかかりやすい底部周辺は痕が残ってしまうくらいに崩れています。

底部の荷室 型崩れ

カメラを収納する底部の荷室は型崩れが気になります

 

LUXXe フォースバックパックはこんな人におすすめ

本格的な機材を持って撮影に挑みたい方には、収納力や耐久性の部分で少し物足りないと思います。
どちらかというとライトに使えるカメラバッグを探している方、おしゃれで普段使い(仕事やプライベート)もできるカメラバッグを探している方にはおすすめです〜!

僕は日頃の仕事にも背負って行っています!

 

まとめ:普段使いも視野に入れるなら、これに勝るカメラバッグなし

ということで、個人的に超おすすめのカメラバッグLUXXe フォースバックパックのご紹介でした。
普段使いが目的なら、これに勝るカメラバッグはないんじゃないかと思っています。

しかし、こちらの商品もAmazonで品切れになっているので、そろそろ生産が怪しくなってきたかもですね…。

個人的にはリピート購入もいとわないくらいお気に入りのカメラバッグですが、うかうかしていると販売が終了してしまうかもしれません…。
良いかも!と思われた方、買われるなら早めの購入をおすすめします。

 

ちなみに:対抗馬はやっぱりManfrotto

LUXXeを買ってからしばらくカメラバッグをチェックしていなかったので、一応なにか良いものが出ていないか探してみたのですが…

相変わらずどれもダサっ!!!

そんな中、唯一「これはいいかも!」と思ったカメラバッグがこちら。

Manfrotto(マンフロット)の「Manfrotto カメラバック MA2 コンパクト」

スマート感もありつつ、A4書類や13インチのPCも収納できるので、耐久性のことを考えるとこっちでもいいなと思いました。
シリーズ展開もたくさんあり、サイズバリエーションも豊富です!

三脚も固定できるのはありがたいですね〜。

ファスナーの開閉が特徴的な中身が取り出しやすいバックパック。
ミラーレスカメラと交換用レンズ、その他パーソナルアイテムを1つのバッグに収納できます。
バッグ上部はミラーレスカメラと交換用レンズを2-3個収納できるように作られており、可動式の仕切りを使って整理・収納することが可能です。上部から素早く簡単に機材を取り出すことができます。また、13インチまでのノートパソコンを収納できるスペースがあります。
バッグに下部にはパーソナルアイテムを収納するのに便利。上部とは別のジッパーで開閉可能。上下が分かれているデザインのため、バッグパックを下ろさずに中身を取り出せます。
また、ファスナーを全開にすればパッキングがしやすくなります。Joby Gorillapod 3Kなどの小型三脚をサイドに付けて持ち運ぶことも可能。飲料ボトルや折り畳み傘もサイドに入れられます。
レインカバー付属。A4サイズの書類やノートパソコンが収納できる、シンプルな黒いデザインのバックはカメラバックとしてだけではなく、通勤用やプライベートでも活用できるバックパックです。
ーManfrotto 公式サイトより

 

 

カメラバッグ選びの参考にしていただければ幸いです!
それでは、また。

 

 

 

こちらの記事もどうぞ

 

www.photohibi.work

www.photohibi.work

www.photohibi.work

www.photohibi.work