photohibi

カメラと写真と日々。毎週木曜日 & 日曜日に更新。

カメラと写真と日々を綴るブログphotohibi(フォトヒビ)。毎週水曜&日曜に更新。たまに不定期更新もします。


初心者におすすめの一眼レフカメラまとめ2019(Canon製品)

こんにちは。te23 (@te23_photohibi) です。

f:id:teppex0412:20190831175825j:plain

写真をはじめたばかりの人や、これから挑戦してみたいけど、カメラってものすごくたくさんのメーカーから色んな製品が発売されていますので、どうやって選んだらいいか分からないですよね…。僕も初めてカメラを買った時は散々迷った記憶があります。

今回は、オススメのカメラメーカーと、オススメのモデルを独断と偏見で3点ほどピックアップしてみましたのでご紹介します!

 

 

 

カメラメーカーはどこがオススメ?

Nikon、Canon、SONY、Leica、FUJIFILM、OLYMPUS、PENTAX(RICHO)などなど…。家電量販店のカメラコーナーに行くと、たくさんのカメラメーカーがたくさんの商品を発売しているかがよく分かります。

僕は初心者の方にはズバリCanonをオススメします。なぜなら、圧倒的にユーザーにフォーカスしているメーカーだと思うからです。(一応言っておきますが、ステマではありませんw)

 

あくまで個人的な主観ではありますが、LeicaやFUJIFILMといったメーカーは「写真」というメディアに対する精神性や、ものづくりのマインドをすごく大切にしているイメージがあります。そのカメラを使う人たちも、写真にある程度慣れ親しんでいる人をはじめ、タレントや文化人などが多く、カルチャーとして写真やカメラを捉えているメーカーという印象です。めちゃくちゃカッコイイんですが、いきなり手を出しても、個性の強いカメラに負けしてしまいそうです(笑)

一方でCanonやNikonはどちらかというとユーザーに寄り添った製品が多く、分かりやすく扱いやすい機能を持ったカメラを開発しているので、これから写真を始めようという人にはおすすめです。

 

 

 

獲得シェア数もポイント

ここ数年、Canonはデジタル一眼レフカメラでシェア数TOPを獲得し続けています。実はこれもカメラメーカーを選ぶ上では重要なポイントです。

こちらのページに詳しいのですが、ここ数年、デジタル一眼レフのシェア数はCanonがTOPを走り続けています。NikonはD850という機種が人気でここ数年シェアを盛り返してきていますが、TOPのCanonとの比で68%のシェア率となっています。

f:id:teppex0412:20190831172746j:plain

出典:Amazing Graphより

さらに、近年トレンドの中心となっているミラーレス部門でも2019年には王者であるオリンパスを抑えてCanonがトップに躍り出ました。2018年末ごろから立て続けに発売されたフルサイズミラーレス機「EOS Rシリーズ」の台頭が伺えるデータですね。

f:id:teppex0412:20190831172751j:plain

出典:Amazing Graphより

なぜ獲得シェア数が大切なのかというと、いろいろなオプションパーツなどがサードパーティメーカーから発売されているからです。オプション製品を開発する側もシェアトップのCanonを無視するわけにはいきませんので、必然的に拡張性が高くなるというメリットがあります。

 

初心者におすすめのCanon製一眼レフカメラ 3選

Canonの一眼レフカメラの中から、独断と偏見で初心者にオススメの一眼レフカメラを3つほどセレクトしてみました。おすすめポイントもご紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

 

オススメ① EOS Kiss M

f:id:teppex0412:20190831175154j:plain

Canon 公式Webサイトより

Kissシリーズは主婦などのファミリー層をメインターゲットにした家族向けカメラなので、細かい設定が分からない人でも簡単に撮影することができます。

そのままだとなんだかイマイチという写真を「なんかいい感じ」に仕上げてくれる「クリエイティブフィルター」という機能も搭載されていますので、撮影が楽しくなること請け合いです。

EOS Kiss Mはシリーズ初のミラーレス機。細かい説明はすっ飛ばしますが、ミラーレスのポイントはコンパクトなサイズ感です。本体は約116.3(幅)×88.1(高さ)×58.7(奥行)mmで400g弱。友人がGETしていたので実機を見せてもらったのですが、印象でいうとタバコの箱が一回りくらい大きくなった感じです。めちゃくちゃ軽量・コンパクトなので荷物にもなりませんし、一日中持ち歩いていても疲れることなく撮影を楽しめると思います。

2018年の売り上げ台数No.1に輝いた人気モデルです。

cweb.canon.jp

 

オススメ② EOS Kiss X10

f:id:teppex0412:20190831175201j:plain

Canon 公式Webサイトより

同じくEOS Kissシリーズから。画質や機能面ではEOS Kiss Mとほぼ同じ(厳密には少し違いますのでこちらの比較が参考になります)ですが、大きな違いはミラーがレスではない点です。

カメラのファインダーを覗き込んだ時に見える像がミラーに映るタイプの光学ファインダー。(ミラーレスの場合は電子ビューファインダー)また、本体のグリップ部分がMより深めに設計されていますのでしっかりとホールドできます。少しでも本格派なほうがよければこちらのモデルがおすすめです。

また、この2機種はレンズマウントが違うため、使えるレンズが変わってきますので注意が必要です。

cweb.canon.jp

 

オススメ③ EOS 6D

f:id:teppex0412:20190831175213j:plain

Canon 公式Webサイトより ※写真は6D Mark2

少し中級者向けのモデルにはなりますが、初心者の方でも扱いやすいのでここからスタートしても良いと思います。前述の2機種との大きな違いはセンサーのサイズが大きいフルサイズ機であるということ。

背景などのボケがより美しく、解像度がさらに高いと思ってもらえればOKです。そして、6Dシリーズのポイントはフルサイズでありながら軽量で持ち運びやすいという点です。僕はこれの後続機である6D Mark2をメイン機として使っていますが、使い勝手は間違いないですし、軽量なので常にカバンに入れて持ち歩いています。

軽量・コンパクトなフルサイズだと、最近増えてきたフルサイズミラーレス機(EOS REOS RP)や後続機の6D mark2もあるのですが、まだまだ値段が落ち着かないので、個人的には初めてカメラを買う方には少しハードルが高いかなという気がしているので、こちらをオススメに入れました。

6D mark2ではバリアングルモニタなども搭載されていますので予算に余裕があればこちらを視野に入れてみてもいいと思います。

cweb.canon.jp

 

まとめ

これから写真を始めたいと思っている初心者の方にオススメのカメラをご紹介しました。メーカーはシェア数TOPを獲得し続けているCanonが断然オススメです。参考になれば幸いです。

カメラにある程度慣れたきたら、色々なレンズにも挑戦したくなると思いますので、その時はレンタルでお手軽に試してみましょう!おすすめのレンタルサービスは以前ご紹介したこちらの記事を参考にしてみてください。

www.photohibi.work

 

レンズの種類についてはこちらの記事にまとめてあります。

www.photohibi.work

 

 

それでは、また。