photohibi

カメラと写真と日々。毎週水曜日 & 日曜日に更新。

カメラと写真と日々を綴るブログphotohibi(フォトヒビ)。毎週水曜&日曜に更新。たまに不定期更新もします。


高価なカメラレンズは買わなくていいと思う、たった1つの理由。

こんにちは。te23 (@te23_photohibi) です。

f:id:teppex0412:20190724090603j:plain

 
カメラのレンズや機材って高価なものが多く、欲しいと思ってもそう易々と買えるものでもありませんよね。そのうえ、買い揃え始めると「あれもこれも」と欲が出てきて沼にはまり、キリがなくなります(笑)
良い機材を買い揃えてコレクション欲を満たすのも非常に楽しいのですが、人の欲は尽きないもので、お金がいくらあっても足りません
街なかで良いカメラ、良いレンズを持ち歩いている人をみかけると羨ましいですし、ついつい自分も…なんて思ってしまいますが、よくよく考えるとそんな高価なものを買う必要はまったくないと思うわけです。そのたった1つの理由を解説します。

 

 

 

 

 

 

 

目的は良い写真を撮ること
僕がそう思う理由はいたってシンプルで、目的と手段の順番がひっくり返ってしまっては意味がないと考えているからです。つまり、あくまで目的は「良い写真を撮影する」ことであり、「良い機材を使う」ことはあくまで一つの手段でしかないのですよね。
仮に、目的を達成するために高価な機材が必要なのであれば、できるだけ効率よく手に入れれば済む話です。
 
 
買わずに借りるという選択肢

例えば、近くに機材を揃えている知人がいるのであれば、その人から借してもらうというのが最もお金をかけずに済む方法かもしれません。周りにそんな人がいないという人は、撮影機材のレンタルサービスを利用するのも一つの手だと思います。僕はよく友人とレンズの貸し借りをしますが、さすがに数十万もする高価なレンズを持っている人は少ないので、そういう場合はレンタルサービスで探しています。

 

 

 

 

 

レンタルサービスのメリット
レンタルすることで、購入すると1本数十万円するようなレンズを数千円で使うことができます。欲しかった機材を数日間レンタルして使い勝手を試してみるのも良いですね〜!欲しいレンズがあると実物を家電量販店などで触ってみるのですが、その場でしか試せないので正直イメージが湧きづらいんですよね…(苦笑)

 

プロのカメラマンでもレンタル利用は多い

高いレンズを購入しても頻繁に使うのって割と最初だけだったりするんですよね…(笑)熱が高まって購入したまではよかったけど、今となっては眠らせてしまっているレンズも数本あります。(猛反省です)

仕事柄、プロのカメラマンさんともお仕事をさせていただく機会がありますが、機材は撮影の目的に合わせて毎回レンタルされる方もたくさんいらっしゃいます。

大切なのは、撮影の目的に合わせて適切な機材を選択できる知識を持つということ。必要な機材があれば、一旦借りて使い込んでみるという選択肢を持つようにしました。

 
 
 
 
機材レンタルサービス4選
CanonのEF50mm F1.2L USMを例に、4つのレンタルサービスを調べてみました。費用やサービス内容を比較、おすすめのサービスも紹介します。

f:id:teppex0412:20190724072924j:plain

Canon EF50mm F1.2L USM(Canon Webサイトより)
 
①レンタル館APEX(オススメ)
30年という歴史を持つ老舗のレンタルサービス。撮影関連機材に特化し、カメラレンズや本体をはじめ、アクセサリーも豊富に扱っています金額や補償内容のバランスがとてもよく、個人的オススメNo.1はAPEXです。
 
Canon EF50mm F1.2L USM
レンタル期間:3泊4日
レンタル費:8,320円(税込)

ポイント
◎会員登録料・年会費無料(登録時に身分証明+住所確認書類が必要)
◎レンタル費に+10%で安心補償 (免責金額1,000円)
◎3,000円以上レンタルで貸出し時の送料無料
◎返却時の送料は自分で負担
◎発送レンタルの場合、レンタル開始日の前日にお届け
 
 
 
②Map RENTAL
レンタル金額が安いのはこちら。ただし、会員登録時に登録料が1,500円ほどかかります。頻繁に使わない方は割高になってしまうかも。機材の数もかなり多いですので、レンタルする機会が多い方にはこちらのほうがオススメです〜!

Canon EF50mm F1.2L USM
レンタル期間:3泊4日
レンタル費:7,626円(税込)

 

ポイント
◎会員登録時に初回登録料1,500円が必要(身分証明+住所確認書類が必要)
◎レンタル費に+10%でレンタル補償(免責金額5,000円+営業補填金最大3日分)
◎1,000円以上レンタルで往復の送料無料キャンペーン中
 
 
 
③ReReレンタル
レンタル費はやや高めですが、サポートも充実しており使いやすいサービス。Yahoo!やFacebook、Googleのアカウント流用で会員登録できますので、前出の2社と比べるとしきいは低めです。本体とレンズをセットにしたレンズキットのレンタルもあり、初級者にはオススメです。また、カメラ関連に関わらず、家電や楽器など様々なものをレンタルしていますので、登録しておくと何かと役に立ちそうなサービスです。

Canon EF50mm F1.2L USM
レンタル期間:3泊4日
レンタル費:13,480円(税込)
 
ポイント
◎使いやすいWebサイト
◎会員登録料無料(登録も簡単)
◎1日200円〜でReRe安心補償(免責金額5,000円)
◎カメラ機材だけでなく、豊富なレンタルグッズ
◎往復の送料は無料(着払い伝票が同封されています)
 

ReReレンタルでカメラをレンタル

 
 
④レンティオ
サイトが綺麗に作られていますので信頼感があり、使いやすいです。こちらもReReレンタルと同じく会員登録のしきいは低めです。ただし、最低レンタル期間が3泊4日から、保証料もコミコミということもありレンタル金額は高めな印象です。すばらしいのが、ベビーカーやゴルフバッグなど、カメラ機材以外にもレンタルグッズが非常に充実しているという点です。
 
Canon EF50mm F1.2L USM
レンタル期間:3泊4日
レンタル費:17,800円(税込)
 
ポイント
◎使いやすいWebサイト
◎会員登録料無料(登録も簡単)
◎カメラ機材だけでなく、豊富なレンタルグッズ
保証料は料金にコミコミ(負担額は最大2,000円)
◎往復の送料は無料(着払い伝票が同封)
 

Rentioでカメラをレンタル

 

 

まとめ
今日は、高価なカメラ機材は買わなくてもいいのではというお話でした。
目的はあくまで「良い写真を撮ること」。シェアリングエコノミーの普及により、便利なレンタルサービスも増えてきましたので、うまく活用すれば効率よく高品質な機材を使うことができます。結果、モノが増えることもなく、お財布にも優しいですよね〜!!
 
それでは、また。