photohibi

カメラと写真と日々。毎週木曜日 & 日曜日に更新。

カメラと写真と日々を綴るブログphotohibi(フォトヒビ)。毎週水曜&日曜に更新。たまに不定期更新もします。


写真切り抜きの決定版「remove.gb」がついに動物に対応!待望のアップデート!

こんにちは。te23 (@te23_photohibi) です。

f:id:teppex0412:20190624211057j:plain

先日、こちらのブログでご紹介した写真切り抜きの決定版「remove.gb」が待望のアップデートを公開しました。

当初、切り抜き不可能だったネコや犬などの動物にもついに対応したとのことです!これはありがたいですね〜。
 
 
 
 
 
お知らせのメール文が面白い

f:id:teppex0412:20190624211305j:plain

それはそうと、アップデートのお知らせで届いた英文だらけのメールを何の気無しにGoogle翻訳にかけてみたら、その文章がなかなか面白かったのでそちらも合わせてどうぞ(笑)画像が原文、ブルーの文字がGoogle翻訳の和訳文です。
 
 
 
直訳にもほどがある「これが新しいものです:猫、動物など」

f:id:teppex0412:20190624211730j:plain

(和訳)私たちはremove.bgをより良くするために一生懸命働いています。
これが新しいものです:猫、動物など
 
よっ!待ってました!素晴らしいですね。動物ってフワフワの毛が可愛らしいですが、切り抜く方からしたら、そのフワフワがとんでもなく厄介でした。
 
 
 
 
 
インターネット上で猫を否定するのは絶対に不可能らしい

f:id:teppex0412:20190624211733j:plain

(和訳)remove.bgが存在して以来、私たちは避けられない質問に直面してきました。私たちは残念ながら否定する以外に選択肢はありませんでした。そして、誰もが知っているように、インターネット上で猫を否定するのは絶対に不可能です、中には罪だと言う人さえいます。
 
おそらく翻訳がうまくいっていないだけなのですが、文書が崩壊気味ですね(笑)「インターネット上で猫を否定するのは絶対に不可能」。めちゃくちゃ共感できますね〜(笑)最近ではインターネット上だけでなく、現実世界でも周りに猫を愛する人たちが増えてきました。「中には罪だという人さえいます。」とかは、ちょっとイジってるやろっ!と思ってしまいますが(笑)ユーモアに溢れていますね〜。
 
 
 
尊厳を持って頭を上げている

f:id:teppex0412:20190624211735j:plain

(和訳)今日、私たちは尊厳を持って頭を上げ、今までで最も要求されている機能の1つを提示できることを誇りに思います。
 
本当に、日々開発に励んでくださっている方々には頭が上がりません。ありがとうございます。
 
 
 
ここでまさかの投げかけが!

f:id:teppex0412:20190624211738j:plain

(和訳)しかし、待ってください - それだけではありません。犬から背景を削除することもできます。そして鳥、ヘビ、カエル、ペンギン。 「アルパカはどうですか」とあなたは尋ねますか?はい、彼らも働きます!実際、remove.bgは現在すべての動物をサポートしています。試してみる!

 
アルパカも可能だなんて、夢にも思いませんでした!ありがたいですね。これからは無限アルパカ切り抜き地獄に怯えることなく、穏やかな日々を過ごせそうです。
 
 
 
急に叱ってきて、急に馴れ馴れしくなる

f:id:teppex0412:20190624211742j:plain


(和訳)そして、なぜそこでやめますか?植物や花は動物と同じように生き物です。そして私たちは食料、家具、自転車なしで私たちの日常生活の中で何をするでしょうか?そして飛行機はどうですか?彼らもクールだよね?

 
ここで突然「植物や花だって生き物でしょ?なんでそれが含まれてないと思っちゃうワケ?」とこちらが叱られます。そりゃ仰っていることは正論ですけども(笑)そして、突然馴れ馴れしく締めの「クールだよね?」。ええ、クールですよ。いかにも海外という感じの挑戦的なナイスメッセージです。おみそれしました。
 
 
 
最後はいたって普通

f:id:teppex0412:20190624211745j:plain

(和訳)前景と背景が多少明確に区別されていれば、remove.bgを使用して写真から背景を削除できます。
今すぐ試す - 画像をアップロード

 

まじめかっ!(笑)いやはや、大いに笑わせていただきました。

こういうフレンドリーでウィットに富んだメッセージを送ってくるあたり、個人的にはかなり好印象です。機能の面だけでなく、こういった所にも開発者の思いやりを感じますね〜(ほんまかいな)

 

www.remove.bg

 

それでは、また。