photohibi

カメラと写真と日々。毎週木曜日 & 日曜日に更新。

カメラと写真と日々を綴るブログphotohibi(フォトヒビ)。毎週水曜&日曜に更新。たまに不定期更新もします。


あたり一面ススキで黄金の世界!奈良県の曽爾高原が絶景すぎる!!

こんにちは。te23 (@te23_photohibi) です。

1年ほど前の秋に訪れた、奈良県の曽爾高原(そにこうげん)が絶景すぎたので写真とともにご紹介します。秋になると、とてつもなく壮大な高原が黄金のススキに覆われて、まるで別世界にいるような気分に浸れる絶景スポットです。もし行かれる際は自動車が便利だと思います。

f:id:teppex0412:20190518092955j:plain

 

曽爾高原は、奈良県と三重県の境目、標高が1,000mちょいくらいある倶留尊山(くろそやま)の麓に位置します。最寄りのI.C(名阪国道・針I.C)を降りてから、なかなか激しめの山道を40〜50分くらいかけて登っていくと、曽爾村に入ります。最寄りの駐車場に停められれば曽爾高原までは徒歩5分くらいで行けます。が、ハイシーズンには多くの人が訪れていますので、停められない可能性も…。「曽爾高原入り口」という看板が立っている道路の脇にちょっとしたスペースがあるので、そこに停めている人もいました。

 

駐車場から歩いていくと、曽爾高原へ続く狭い道がありますのでそこを進みます。3分くらい歩いていくと次第に周りがススキだらけになり、突然視界が一気に開けます。そして見えて来るのがこの景色!!

f:id:teppex0412:20190518092926j:plain

f:id:teppex0412:20190518092935j:plain

駐車場から少し歩くと、曽爾高原の全貌が!

す、、、すご!!(笑)普段、街なかで生活しているとなかなか目にすることのできない空の抜け。地面を覆い尽くす、金色のススキ。その間を縫うように歩道が整備されていて、さらに高原の頂上へと進むことができます。

f:id:teppex0412:20190518093322j:plain

高原頂上へ登る途中、振り返るとこんな景色が!

頂上からは全体が見下ろせます。さらに遠くへ連なる山並みも見渡すことができ、とてつもなく壮大!空の藍色と高原の黄金のコントラスト、そして遠くに行く程に淡くなっていく山並みのトーンが綺麗すぎました!こんな景色があるだけで、めちゃくちゃ映える写真が撮影できますね〜!!

f:id:teppex0412:20190518092950j:plain

頂上からの景色

f:id:teppex0412:20190518093600j:plain

f:id:teppex0412:20190518092959j:plain

f:id:teppex0412:20190518092940j:plain


訪れた時間は日が傾き始めた夕方でしたが、ガンガン照りつける太陽に向かってカメラを構えると、ススキと夕陽のコラボレーションでめちゃくちゃドラマチックな写真が撮れました!!

f:id:teppex0412:20190518093013j:plain

f:id:teppex0412:20190518093017j:plain

f:id:teppex0412:20190518093027j:plain

f:id:teppex0412:20190518093009j:plain

f:id:teppex0412:20190518093022j:plain

f:id:teppex0412:20190518093004j:plain

一般的に、フレアやゴーストが発生する逆光は良くないとされていますが、僕はこういう雰囲気の方が好きです(笑)最近ではむしろ、インスタなどのSNSでは逆光ふんわり写真に「いいね!」が集まってるような気がします。

 

f:id:teppex0412:20190518093033j:plain

f:id:teppex0412:20190518093038j:plain

 

オススメはもちろんススキが見頃を迎える秋(10月〜11月)ですが、春〜夏にかけての新緑の季節に行っても、綺麗なグリーンの高原を見ることができますよ〜!

エモくい映え写真を撮りたい方にはもってこいの絶景スポットでした。 

 

それでは、また。